サッカー

中村俊輔 フリーキックの凄さとは?? 評価や海外の反応をPICKUP!!

 

天才レフティーのフリーキックの凄さとは??

 

中村俊輔

 

日本が誇る最高のファンタジスタ。

 

その代名詞であるフリーキック。

 

世界トップクラスの称されるFKは

 

数々の伝説を残してきた偉大なフリーキッカー。

 

今回は中村俊輔選手のフリーキックの凄さ、評価や海外の反応をPICKUP!!

 

中村俊輔選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/NaU4NNonsk142K3Y9

名前 中村 俊輔 (なかむら しゅんすけ) Shunsuke Nakamura

出身 神奈川県横浜市戸塚区

生年月日 1978年6月24日 (41歳)

身長 178cm

体重 71kg

ポジション MF ミッドフィルダー 

中村俊輔 フリーキックの凄さとは?? 評価や海外の反応をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/ab3TeBNJA9efnzfC6

 

日本が誇る偉大な天才レフティ

 

中村俊輔

 

日本サッカー界に残してきた栄光は数しれず。

 

現在の日本サッカーの礎を作ったレジェンド。

 

今もなお、現役を続ける日本が世界に誇るフェンタジスタ。

 

今シーズン、42歳を迎え、大ベテランの域に達し、

 

ここ数年は古傷に痛みに苦しみ、満足のいく、パフォーマンスはできていないが、

 

2019年、シーズン途中からJ2の横浜FCヘ移籍し、復活を目指す。

 

もう一度華麗なプレーを。

スポンサーリンク
 

しかしながら、中村俊輔選手の華麗なプレーに誰もが酔いしれ、魅了されたものだ。

 

https://images.app.goo.gl/A3bUGwhVrB7PLcwy9

 

スバ抜けていたボールを扱うテクニックや、絶妙なクロスやパスなど、

 

ピッチ上で輝く最高のファンタジスタ。

 

そんな中村俊輔選手は桐光学園から横浜Fマリノスへ入団し、

 

イタリアのレッジーナへ移籍し、

 

2005年にスコットランド、セルティックへ。

 

https://images.app.goo.gl/fzUwK1hh1LMuTYCq7

セルティックではリーグ優勝3回など、2006/2007年シーズンにはスコットリーグで欧州リーグで日本人初MVPを受賞。

 

その後、スペインのエスパニョールへ移籍し、その後マリノスへ復帰。

 

ジュビロ、そして2019年シーズン途中に横浜FCに移籍。

 

ことして42歳を迎える大ベテランとなったが、

 

https://images.app.goo.gl/33Jmrw8xKV1G7kHeA

数々の栄光を掴み、日本サッカー界を引っ張ってきた日本が誇る最高のレフティだ。

 

そんな中村俊輔選手の代名詞がフリーキック

 

中村俊輔選手から放たれる魔法のように、正確無比なフリーキックで、

 

https://images.app.goo.gl/SgAcq1moJPrwYy126

数々の伝説の残してきた。最高のフリーキッカー。

スポンサーリンク
 

独特なモーションから腰の回転、身体のねじり、巻き込むようにボールを蹴り上げ、

 

そのフリーキックから放たれる弾道は正確無比にゴールへと飛び込む。

 

https://images.app.goo.gl/sepNATLisN7ppFfp6

 

蹴り上げた左足はうねりあげるようにその蹴り上げたフォームは美しい。

 

https://images.app.goo.gl/Zsiy5FbDd6GwR5QZ6

ゴールのどこえでも軌道を蹴り分ける正確さ、そして複数のフリーキックを蹴り分けることができるほどの卓越したフリーキックを蹴り分けることができ、

中村俊輔選手の左足から放たれるFKは、高くドロップのような軌道、そしてグランダー気味で早い弾道で蹴るなど、そのフリーキックは多彩。

 

一時はブレ球、ボールを中心を押し出すようにけるフリーキックが流行し、

 

https://images.app.goo.gl/KKyYuNyEsR8mK6nY9

ジュニーニョ・フェルガンプカーノを筆頭に、クリスティアーノ・ロナウドや本田圭佑などがブレ球フリーキックを蹴っていたが、

 

中村俊輔選手はベッカムなども同様に、曲げて落とす王道のフリーキッカー。

 

https://images.app.goo.gl/Z1NCteJAsTV2gvsG6

 

曲げて落とすフリーキックは中村俊輔選手の代名詞であり、真骨頂だ。

 

中村俊輔選手は日本史上最高のフリーキッカーである。

 

その華麗なFKは日本のみならず、世界が絶賛するフリーキッカー。

 

そんな中村俊輔選手は、Jリーグでの直接FKでの最多得点記録24点を保持しており、

 

2位の遠藤保仁選手の17得点を大きく突き放すほど、

 

突出したFKの制度を誇る。

 

Jリーグだけではなく、日本代表でもそのフリーキックで数々の伝説の場面を演出。

 

https://images.app.goo.gl/EBUyXVhznnbuAsydA

中村俊輔選手の蹴るFKは独特の軌道を描き、最高のコースをつき、ゴールへとすき込まれ、

日本代表の最高の飛び道具として、最大の武器になっていた。

スポンサーリンク
 

印象深いフリーキックが2005年のドイツで開催された、

 

FIFAコンフェデレーションズカップでのフランス戦でのフリーキック。

 

https://images.app.goo.gl/goGTyjwEn6azLax58

当時世界最高峰のゴールキーパーであったバルデス選手の意表をつくフリーキック。

 

もともとニアサイドを狙っていたが、バルデスの動きを見せ、瞬時にファーサイドに蹴るのを変更するなど、

 

その卓越したテクニックだけではなく、状況を見極める判断力、GKの動きを見て、シュートモーションを変えることができる,GKとの駆け引きのうまさ、

 

https://images.app.goo.gl/ytwCUBmJyGgSgcC17

洞察力も長けていることも中村俊輔選手ならではのプレーだろう。

 

そして中村俊輔選手を語る上で忘れてはならないのが、

 

セルティック時代のチャンピオンズリーグでの伝説の2本のフリーキック。

 

https://images.app.goo.gl/W4Ye4hVbm22FLo8N8

この2本のフリーキックには日本のみならず、海外の反応も素晴らしい。現在でも評価を受けており、中村俊輔選手を地位を確固たるものにしたFKである。

 

CLグループリーグで対戦した世界最高のメガクラブの一つである、マンチェスター・ユナイテッド戦。

 

敵地、マンUの本拠地、オールドトラフォードでの値千金の一撃。

 

https://images.app.goo.gl/xoH6rWMK8ZKQxKQy6

その軌道は完璧なまでに軌道でゴールに突き刺さり、当時世界最高のゴールキーパーと称されていたファンデルサールが一歩も動けない完璧なフリーキックは圧巻。

 

https://images.app.goo.gl/WJ2jgtr1cPnoB9ET9

魔法をかけたようなセンセーショナルなフリーキックであった。

 

 

そして2本目もマンU戦、セルティックの本拠地での決めた一撃。

 

https://images.app.goo.gl/ETjxGGDY4RrU8zveA

https://images.app.goo.gl/xsiYsp4qwQ1ghD8H7

https://images.app.goo.gl/18ba3V7imUiYeH6N9

 

所属していたセルティックは中村俊輔選手のフリーキックにより、チーム史上初のチャンピオンズリーグベスト16に導き、セルティックでは伝説的フリーキックだ。

 

マンU相手に決めた2本のフリーキックは所属していたセルティックでも伝説のフリーキックとして今もなお、語り継がれており、

 

セルティックでは中村俊輔選手は英雄と讃えられている。

スポンサーリンク
 

未だに高い評価を受ける日本最高のレフティ。

 

当時、セルティックを指揮していたストラカン氏は中村選手の卓越したFKは天才的の称し、

 

今も忘れることがない最高の瞬間であると最高の賛辞を送り、高く評価しており、

 

中村俊輔選手のFKへの海外からの評価は高く、

 

https://images.app.goo.gl/7KHi8wzrijzUxrLW8

 

ヨーロッパを離れた時間がたった今もワールドクラスのフリーキックだと海外メディアが絶賛している事実がある。

 

なんと2019年のテレビゲームのFIFA19という最新版のゲームでも中村俊輔選手のフリーキック制度ランキングにトップ10入りしているほど。

 

中村選手が決めたCLでの2本のフリーキックは、サッカー史に残るフリーキックの名場面として認識されており、特に海外の反応から高い評価だ。

 

世界最高の舞台で数々のFKを決めてきた中村俊輔選手は、サッカー界の歴代のフリーキックの名手としても称されるほど。

 

日本が誇る天才レフティーの活躍は未だに、その活躍ぶりは語られる伝説。

 

https://images.app.goo.gl/u89Dk1yDXCXmySFP8

 

その功績は色褪せない。

 

スポンサーリンク
 

中村俊輔選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本が誇る天才レフティー、中村俊輔選手。

 

今も現役を続ける、最高のフリーキックの名手。

 

そして最高のファンタジスタ。

 

未だ、世界から高い評価を受ける代名詞のフリーキック。

 

本当に素晴らしい活躍であった。

 

日本サッカー界を引っ張ってきた偉大なレジェンド。

 

その姿を華麗なプレーをもう少し見ていたいものだ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です