Jリーグ

中村敬斗 期待の大型FWのプレースタイルは!? 久保建英に負けない!?

 

日本サッカー期待の選手は久保だけじゃない

 

2017年のU-17ワールドカップでハットトリックを達成したストライカーは

 

チームメイトの久保選手より活躍をみせ、一躍注目の存在へ。

 

中村敬斗

 

高校3年生で飛び級でプロ契約した逸材。

 

将来の日本サッカーの期待の大型ストライカー、東京五輪候補。

 

今シーズンプロ2年目。さらなる飛躍が期待される。

 

今回はガンバ大阪の注目の期待のストライカー、中村敬斗選手をPICKUP

 

 

中村敬斗選手のWiki的プロフィール

 

https://goo.gl/images/wSGM1k

名前 中村敬斗 (なかむらけいと)

出身地 千葉県我孫子市

生年月日 200072日(18歳)

身長 180cm

体重 75kg

ポジション FW(フォワード)

 

中村敬斗選手の経歴

 

東京五輪世代の期待のストライカー

 

https://goo.gl/images/wMP8xn

4歳からサッカーボールを蹴っていたサッカー小僧。

 

小学校から柏レイソルのジュニアに所属しプレーしていたが、

 

所属していたレイソルでのサッカー方針のパスサッカーにスタイルが合わず、もともと所属していた高野山少年団に戻りプレーしていた。

 

https://goo.gl/images/ir3zqq

12歳の時にはマンチェスター・ユナイテッドのサッカーすルールに参加し、優秀選手に選ばれた経歴の持ち主。

中村選手の将来の目標はプレミアリーグでプレー。当時から海外を意識していた。

スポンサーリンク
 

中学から都内の名門クラブである三菱養和SCに加入。

 

https://goo.gl/images/KLa6UA

三菱養和SCはこれまで日本代表の経験もある田中達也選手や、永井雄一郎選手など在籍しており、個人の能力を活かす事に重点を置いている教育方針の名門クラブである。

 

中村選手自身、サッカーが楽しくなかったと感じたエリートコースではなく、先輩の誘いもあったものの、三菱養和SC個人の能力を重視するスタイルが教育方針でもある三菱養和SCでサッカーの楽しさを感じさせてくれたと語っている。

一度はJのカテゴリーでプレー、いわゆるサッカーエリートコースで進む道ではなく、シンプルに楽しむサッカーをする環境で己を磨いていることで成長していった。そのスタイルの方が中村選手にはあったのでしょうね。

 

中村選手は三菱養和SCでの5年間は最高と語っている。

 

https://goo.gl/images/vjxP8q

しかしJのカテゴリーを離れる判断をした中村選手は当時まだ小学生。しっかり考え分析し、己の進むべき道を考えていたことはすごいの一言。当時から冷静さ、物怖じしないところは現在のプレーにつながっているのかもしれません。

 

三菱養和SCでプレーが実力を高く評され、ユース世代の日本代表に選出されるなど、

 

Embed from Getty Images

 

特に2017年に開催されたU-17のワールドカップでは初戦のホンジュラス戦では日本人史上初のハットトリックを達成。

 

Embed from Getty Images

 

日本人最多の4得点を挙げるなどユース世代の代表でも抜群の実力で注目を浴びる存在となり、

 

Jの複数のクラブからオファーを受け、そしてガンバ大阪に加入。

 

https://goo.gl/images/zvuYEF

高校生3年生で飛び級でプロ契約を結び、入団。

 

高校生3年生としてJリーガーとなり、開幕戦のグランパス戦でデビュー。カップではプロ初ゴールを決めるなど大器の片鱗をみせている。

スポンサーリンク
 

中村選手は香川真司選手と似た経歴を歩んでいるように感じます。

 

香川選手もJのジュニアユースではなく、宮城県のFCバルセロナに所属し、個人能力を重視する育成環境でプレーし、高校生在学中にセレッソに入団。

その後はみなさんの知っての通り日本最高の選手となっている。

 

東京オリンピック世代。将来の本代表のエースストライカーになれる逸材だ。

 

Embed from Getty Images

 

一つ下のカテゴリーに久保建英選手がいるものの、ポテンシャルで決して負けていない。

 

これから注目の選手の一人と言えるだろう。

 

東京五輪だけではなく、2022年カタール大会の日本代表では出を狙える得点感覚の持ったシュートセンス抜群の期待の若きストライカーだ。

 

 

中村敬斗選手のプレースタイル

 

次世代の日本を背負う期待の大型ストライカー

 

https://goo.gl/images/wM99SE

まだ十代ながら、身長180センチの大型FWフォワード。

 

ストライカーとして、抜群の得点感覚を持つ正確なシュートを誇る。

 

https://goo.gl/images/25vcBk

ボールを捉える力に長け、ボールコントロールもうまく、自らドリブルで仕掛け、シュートに持ち込むのは抜群のフィニッシュ力、フリの早いシュート力で一瞬で生み出すパワーも。

スポンサーリンク
 

類稀なるシュートセンス、ゴールへの嗅覚は一級品。

 

Embed from Getty Images

 

そして抜群のボディバランスもあり、まだ10代ながらフィジカルの能力も高い。

 

もちろん個の能力はピカイチだが、ハードワークでき、自ら仕掛けるだけではなく、味方を使うことができる判断力、展開力もある。周りとの連携の中で得点を奪うことができ、あらゆる状況に対応できる引き出しの多さも魅力。

 

フォワードとながら非常にテクニカルでゴールへの嗅覚に優れた万能型のストライカー。

 

Embed from Getty Images

 

Jリーグではまだ出場機会も少なく、少しばから伸び悩んでいるが、

 

経験を積めば間違いなく大成する。

 

覚醒するのは時間の問題。

 

それだけ素材的には素晴らしいポテンシャルの持ち主。

 

これからの成長が楽しみな若きゴールハンター。

 

https://goo.gl/images/XrHbM6

同世代の久保に負けないポテンシャルを秘めた次世代の日本代表のストライカーだ。

 

中村敬斗選手は久保建英選手に負けない逸材

 

Embed from Getty Images

 

素晴らしい才能を持った日本期待のストライカーである中村選手だがやはり比較されるのは久保建英選手。

 

久保建英選手はバルセロナユース出身。

 

現在FC東京でプレーしているものの、将来的なバルセロナ復帰が暫定路線であり、日本が誇る将来の日本サッカー界を背負って立つ存在とも言われる存在。

しかし中村選手も負けていない逸材だ。

2017年に開催されたU-17ワールドカップでハットトリックを達成するなど、4得点を上げ、同大会のチームメイトであった久保選手より活躍をみせ、注目を集めた存在だ。

スポンサーリンク
 

二人は互いに意識しあう中でもあるらしく、昨年久保選手がJ初ゴールを決めた際には祝福するなど普段から連絡する関係だ。

 

間違いなく中村選手と久保選手はこれからの日本サッカーを引っ張っていく存在。

 

https://goo.gl/images/EcSzsd

久保選手はバルサ復帰が暫定路線。

 

中村選手も将来プレミアリーグでプレーが目標と早い段階での海外移籍を希望しているだけに

 

二人がヨーロッパのビッククラブでプレーすることは日本サッカー界にとって素晴らしい。

 

切磋琢磨して良きライバルとして二人の成長を見守っていきましょう。

 

中村敬斗選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

将来の日本代表ストライカーとしての活躍が期待される中村選手。

 

https://goo.gl/images/HN4ABZ

今シーズンはJの舞台で飛躍の年にできるか。

 

今年はブレイクの予感。来年の東京オリンピックに選出される活躍を期待したい。

 

これからの中村選手の成長をじっくり見守っていきましょう。

 

本当に楽しみな素材だ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です