野球

森けいと(敬斗) 桐蔭学園イケメンショートはドラフト候補!! 進学か!?

 

桐蔭学園のショートはドラフト候補!?

 

プロかそれとも進学!?

 

名門が誇る期待のNEWスター候補。

 

抜群の身体能力を誇り、ポテンシャルは高校生トップクラス

 

森敬斗

 

桐蔭学園のキャプテンとして攻守で存在感を発揮。

 

鋭い眼差しはスターの雰囲気を醸し出す。

 

今回は名門、桐蔭学園の注目の選手、森敬斗選手をPICkUP!!

 

森敬斗選手のWiki的プロフィール

 

名前 森敬斗 (もり けいと)

出身地 静岡県静岡市葵区

生年月日 2002 128日(17歳)

身長 175cm

体重 75kg

ポジション 遊撃手・外野

森けいと(敬斗) 桐蔭学園イケメンショートはドラフト候補!! 進学か!?

 

静岡市立清沢小学校→静岡市立藁科中学校→桐蔭学園高校

 

神奈川県の名門、桐蔭学園、高校野球界屈指のショートストップ。

 

森敬斗。

 

静沢小学3年生の時から野球を始め、藁科中学では島田ボーイズでプレー。

 

もり選手は小学生時代には一年生からサッカー部に在籍。

 

6年生までは平日はサッカー、土日は野球と、サッカーと野球を両立して取り組んでいたとの事。

スポンサーリンク
 

最終的には兄の勧めで中学になってから野球一本。

 

中学2年生の時に全国大会出場、そして同年秋に中日本選抜大会でプレーなど中学時代から野球に勢力的にプレー。

 

高校は神奈川県の名門、桐蔭学園へ進学。

 

https://goo.gl/images/uVbB6R

森選手は中学から野球に専念したことにより、県外でレベルの高い環境でプレーしたいと希望し、桐蔭学園からの誘いを受けて、迷うことなく神奈川の強豪校へ進学。

 

そんな森敬斗選手は桐蔭学園進学後、

 

1年の夏からベンチ入りし、公式戦に出場。

 

https://goo.gl/images/WjUcqj

ライトのポジションでプレーするなど、入団当時から高いポテンシャルを魅せつけ、

 

2年生の秋の大会から主将として県大会で準優勝、関東大会では24年ぶりに制するなど主力として活躍。

 

今年の春の甲子園センバツ大会には13年ぶりに出場の原動力となったのは森選手の活躍し、一回戦敗退するも、3安打を放ち、存在感を発揮。

 

名門、桐蔭学園のキャプテン。

 

3年生の夏の神奈川県予選では惜しくも4回戦で敗戦し、甲子園出場とはならなかったものの、

 

森敬斗選手は間違いなく高校生屈指のショートストップ。

 

https://goo.gl/images/JjWJTx

高い潜在能力を秘めたスター性を感じさせ、素晴らしい野球センスをもつ逸材。

 

野球U-18日本代表に選出され、高校屈指の才能。

 

プロのスカウトも注目の選手の一人だ。

 

森敬斗選手の特徴

 

TOIN期待のスター候補

 

https://goo.gl/images/68n3RS

 

森敬斗選手は抜群の身体能力を誇る名門、桐蔭学園の注目選手。

 

50メートルを5秒8の俊足の持ち主、遠投120mと強肩。

 

そのプレーする姿は、抜群の身体能力を誇るポテンシャルが高く、潜在能力を秘めた選手であり、まさにアスリートをとしてのずば抜けたものを感じる逸材。

 

まだまだ打撃面では荒削りではあるが、しっかりフルスイングできる点は魅力。

 

打撃面のさらなる向上すれば、選手としての完成度は高いものになる。

 

https://images.app.goo.gl/EFZc7R7HTZ5NpnPX7

まだまだ完成度は低いがポテンシャルが高すぎるほど、可能性を秘めた選手。大化けすれば、とてつもない選手へと変貌を予感するほどの才能だ。

スポンサーリンク
 

持ち味である思いっきりのいい豪快なスイング。

 

https://goo.gl/images/WQHePz

勝負強さ、またパンチ力、一発期待できるを桐蔭期待のスター。

https://goo.gl/images/73cgjq

足をあげてのタイミングをとり、綺麗なスイングしていることから同じ桐蔭学園OBでもある読売ジャイアンツ、スター選手として活躍した高橋由伸選手のような選手へ成長してもらいたいところだ。

 

持ち味の強肩を活かしたショートの守備も魅力で、グランドで輝く走攻守揃った華のある選手である。

https://images.app.goo.gl/XVb8od1H1ZHY9z7u9

高校通算本塁打は9本と少ない気もするが、抜群の身体能力が最大の魅力。ポテンシャルの高さは高校生トップクラス。

初本塁打は2年生の夏の県予選。そこから一気にホームランを打てる打者へと成長とを遂げ、森選手自身もバット使いの感覚をつかむ事が出来たと語っており、順調に成長していると言える。

スポンサーリンク
 

名門の強豪校だけに選手層も厚いが、着実に力をつけてチームの中心選手へと成長している。

 

しっかり成長を遂げ、秘めたポテンシャルには、ホームランの数は問題ではないほど可能性を持った選手。

https://images.app.goo.gl/khrALbuq5NsKcbp3A

彼のプレーを見れば、素晴らしい身体能力の高さを感じるだけに、ここまでの通算成績は関係なく、原石として可能性を秘めた選手。

 

これから抜群の伸び代を期待できる。

 

https://goo.gl/images/mCdwNy

森選手はキリッした顔立ちでスター生を感じる期待のドラフト候補選手である。

2019年ドラフト候補!?スカウトの評価は!?進路は!?

 

名門、桐蔭学園の主将として攻守の要として抜群の存在感を発揮する森選手。

 

https://images.app.goo.gl/HGABn39ybZmDV8CG8

彼が魅せるプレーは身体能力の高さを感じさせる。走攻守揃った選手だけにプロにスカウトにも注目。

 

阪神のスカウトは、肩も強いし、長打も打てる。楽しみな選手と語っており、

 

プロのスカウトからも高評価を獲得するほど、逸材。

 

夏の甲子園にも出場しておらず、活躍自体はそんなにしていないにもかかわらず、

 

森敬斗選手にはスカウトによっては、昨年のドラフトの目玉、大阪桐蔭の根尾選手以上と声も上がるほど。

 

そう。大注目の存在なのだ。

 

https://images.app.goo.gl/ug8DhmeEY9mZmbct8

しかしまだまだ実績不足のところもあるだけに、今年に秋までにどこまで成長できるだが、

 

森選手がプロ志望届を提出すれば、2巡目には消えてしまうというほど、

 

その才能には絶賛。今年のドラフトでは指名が確実か。

 

https://images.app.goo.gl/vFw5LRaboz1Xdh9R9

プロのスカウトたちにも評価されているだけに、潜在能力が高いだけに磨けば輝く原石として、今年の秋のドラフトでの指名は確実なほど。

スポンサーリンク
 

一方、森敬斗選手は卒業後の進路は高卒からプロではなく、進学という選択肢も。

 

まだプロ志望届けを提出するか確実ではないこともあり、大学進学を選択する可能性も十分ある。

 

桐蔭学園の野球部の9割は進学するとされているだけに、桐蔭学園は文武両道。

 

現時点ではどちらを選択するのか定かではないが、OBでもある高橋由伸氏のように桐蔭学園から慶應義塾大学に進学し、大学からプロへ目指す流れも十分ありえるだけにこれから動向が注目されるはず。 

 

しかし素材的には間違いなくダイヤの原石レベル。

 

https://goo.gl/images/SJCqnC

隠れた逸材。磨けば大器になるほど、その才能にはプロが惚れ込んでいるほど。

 

U-18日本代表にも選出されている森選手。

 

https://images.app.goo.gl/xvn5w1TZAyAkjC8N9

代表メンバーにも選ばれるほどの存在なだけに、周りもプロ注目の選手たちと共に過ごす時間、国際大会での経験により、一層プロ入りを決断する可能性も高いだけに、U-18での活躍も楽しみだ。

ポテンシャルは高校生トップレベル。

根尾選手以上と誇れこむ球団もあるだけに、将来は松井稼頭央選手のような球界最高のショートストップになれる逸材か。

 

本当に楽しみだ。

 

森敬斗選手はイケメン!?彼女は!?

 

桐蔭学園の主将としてチームを引っ張る森選手。

 

プレーだけではなくキリッとした顔立ち、端正なイケメン選手としても注目。

 

桐蔭学園OBで読売ジャイアンツで活躍した高橋由伸氏も桐蔭学園時代は人気者でしたから、森選手もイケメンなだけにこれから人気も出てくることでしょう。

スポンサーリンク
 

今後の活躍次第では、全国的に人気者になる可能性がある。

 

https://goo.gl/images/SwpXKp

華のある選手なだけにプレー以外の注目度も上がるはず。

 

やはり野球をしている姿を凛々しいだけに彼のプレーを楽しみにしていきましょう。

 

今年、注目の高校球児。期待しましょう。

 

スポンサーリンク
 

森敬斗選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

桐蔭学園の攻守で存在感を発揮している森選手。

 

ポテンシャルの高いプレーでプロの注目。

 

夏の甲子園出場とはならなかったが、

 

U-18日本代表では大暴れするほどの活躍を期待していきましょう。

 

そしてプロか進学かまだ定かではないが、

 

逸材なのは間違いない。

 

今後の去就にも楽しみな存在。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です