レジェンドプレーヤー (サッカー)

松井秀喜 ホームランを50本を放った2002年をPICKUP!!

 

2002年は自己最高の50号本塁打!!

 

ゴジラ最高のシーズン。

 

松井秀喜

 

日本最高のホームラン打者の一人、

 

2012年に現役を引退した名スラッガー。

 

特に輝きを放った2002年シーズン。

 

今回は松井秀喜氏のハイライト、50号本塁打を放った2002年をPICKUP!!

松井秀喜選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/GFRcZph2sFhsgjPQA

名前 松井秀喜 (まつい ひでき) Hideki Matsui

出身地 石川県能美市

生年月日 1974年6月12日 (44歳)

身長 188cm

体重 95kg

ポジション 外野手

松井秀喜 ホームランを50本を放った2002年をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/GTMtKhmUewMghswg8

 

平成最強スラッガー

 

松井秀喜

 

2012年に現役を引退。

 

日本、アメリカメジャーリーグで大活躍し、

 

球界の歴史の名を残す偉大な選手。

スポンサーリンク
 

強烈なスイング、豪快なホームランで野球ファンを魅了し、

 

現役を引退した今もなお、球界のスター、

 

https://images.app.goo.gl/mYJS17ZSWfQcJwNJ9

そして日本プロスポーツ界に大いなる貢献を話したレジェンド。

 

松井秀喜氏といえば、やはりホームラン。

 

現役時代、日本人離れしたパワーから特大ホームランを連発し、

 

日米通算507本塁打をマークした。

 

強烈なスイングを誇ったホームランの凄さは、

 

https://images.app.goo.gl/uX64SEMtdb2qEpDd6

忘れることができないほど、すごいものであった。

 

そんな松井秀喜氏が現役時代、最もホームラン量産したシーズンが2002年。

 

そのホームラン数は前人未到の50号本塁打をマーク。

 

松井秀喜氏がメジャーでプレーする前年であり、

 

驚異的なホームランを連発した強烈なシーズン。

 

https://images.app.goo.gl/xPERcJZVGPqN4bVp8

2002年は自己最高の成績を残したシーズンである。

スポンサーリンク
 

今回は松井秀喜氏の現役時代のハイライトの一つ、2002年シーズンをPICKUPして行きましょう。

 

https://images.app.goo.gl/AqnGadvAe7bDGPqj7

 

シーズン50号本塁打を放った2002年は、

 

ジャイアンツラストイヤー。

 

2002年は松井秀喜氏のプロ10年目のシーズン。

 

それまで松井秀喜氏は星稜高校から名門、読売ジャイアンツへ入団。

 

高校時代から超高校級スラッガーとして、甲子園を沸かせたスラッガーして大活躍。

 

鳴り物入りでプロの世界へ。

 

https://images.app.goo.gl/SjqeXfeK4zqtwDMh6

プロ一年目から11本塁打を放ち、期待のスラッガーとして躍動。

 

プロ4年目には1996年シーズン38本塁打、翌年199737本塁打、

 

そして98年、34本塁打 100打点で初の二冠に輝き、

 

20代前半にはすでに球界最高の強打者の仲間入りを果たす。

 

ジャイアンツの顔として、球界の顔として、毎年のように豪快なホームランを積み重ね、

 

1999年には初の40本塁打の王台、2000年には2年連続40本塁打。

 

2001年には初の首位打者を獲得するなど、

 

https://images.app.goo.gl/nndVKnWsKkPBtVMv6

松井秀喜氏の存在は球界の最高のスターへと成長を遂げていた。

スポンサーリンク
 

そして松井秀喜氏がもっとホームランを放つこととなる2002年。

 

プロ10年目、松井秀喜氏プロ10年間で毎年着実に成長を遂げ、

 

素晴らしい成績を残し、ジャイアンツの4番として、

 

https://images.app.goo.gl/BojZoHnXtvbTtxKu7

すでに松井秀喜選手は球界を代表する存在となっていた。

 

シーズンが開幕し、夏場にはプロ通算本塁打300号を達成するなど、

 

280ヶ月というジャイアンツの偉大な先輩である世界のホームラン王、王貞治氏に次ぐ歴代2位のスピード記録での達成。

 

12000試合での300号達成は歴代6位と、

 

素晴らしい実績を積みかさねていた松井氏であったが、

 

2002年シーズンは意外にも、夏場オールスターまで18本塁打と、

 

https://images.app.goo.gl/dwJPRraSgpzK1Jg28

例年よりホームランが少ない状態であった。

 

前年の2001年シーズンは初の首位打者を獲得たものの、ホームラン数は36本。

 

1999年と2001年は2年連続40本塁打を放ち、やはり松井秀喜選手への期待は特大のホームラン。

 

2001年の36本塁打は立派ではあるが、

 

松井秀喜というスラッガーとしては物足りない数字であり、

 

2002年シーズンも2001年同様、ホームラン数が伸びていない状況。

 

しかし後半戦、、ホームランを量産することになる。

 

オールスター後から突如、覚醒し、ホームランを連発。

 

7月は打率.379 11本。続く8月は打率.402 13本、

 

夏場にゴジラが大爆発。

 

https://images.app.goo.gl/kWv9rFwrp6DbFcHF7

豪快なアーチを描き、打点も78月の2ヶ月で49打点をあげるなど、誰も止めることができないほどの絶好調ぶり。

スポンサーリンク
 

とどまることを知らないゴジラ。

 

一気にホームラントップに立ち、9月にも9本塁打を放つなど、

 

自己記録の42本をあっさり超え、

 

気がつけば、前人未到の50本の王台へ。

 

そして、シーズン最終戦。

 

豪快なホームランをレフトスタンドへ叩き込み、

 

史上8人目の50本塁打を達成。

 

https://images.app.goo.gl/fxsdcuyijmK3HPCk9

日本人としては1986年の落合博満氏の50本の16年ぶり、そしてジャイアンツでは1977年の王貞治氏の50本、25年ぶりの50本の大台であった。

 

とにかく凄まじかった後半のホームラン量産。

 

松井秀喜氏は後半戦64試合で32本塁打を放ち、圧倒的な打撃で50本を記録。

 

https://images.app.goo.gl/u2XdR1vHBNLQKsBu6

2002年は終わってみれば、個人成績全てにおいて驚異的。

 

2002年シースン成績

    144試合 打率.333 50本塁打 107打点

 

タイトルも首位打者は逃したもの、本塁打王、打点の二冠。最高出塁率。

 

そして3度目のシーズンMVPを獲得するなど、

 

28歳にして球界最強の強打者の仲間入りを話した。

 

松井秀喜氏は2002年のシーズンオフにFA宣言でヤンキースへ移籍し、メジャーリーグでも活躍。

 

ヤンキースの主力としてワールドシリーズMVPを獲得するなど、存在感を示したが、

 

やはり2002年は松井秀喜氏にとっても最高のシーズン。

現役時代のハイライトと言っても過言ではないほど、驚異的なシーズンとなった。

スポンサーリンク
 

シーズン50本塁打はプロ野球の中でも8人しか達成できていない偉大な記録。

 

そして日本人として王貞治、野村克也、落合博満、小鶴誠、そして松井秀喜の5人しか達成していたない日本人にとって前人未到の大記録なのだ。

 

2002年に松井秀喜氏が50本塁打達成以降、誰もその領域にたどり着いたものはまだ現れていない。

 

2018年には西部ライオンズの山川穂高選手がシーズン48本塁打と放ち、

 

そして今シーズン2019年も驚異的なペースでホームラン量産し、2002年以来となる50本への期待が高まっていっているが、

 

50本塁打という領域への到達は至難の技と言えるだろう。

 

とにかく強烈なシーズンとなった2002年。

 

松井秀喜氏が2002年以降も日本でプレーしていたら、

 

https://images.app.goo.gl/JwCEsocQhjJ6eZVXA

どんな凄まじい成績を残していただろうか。

 

そう思わせるほど、ゴジラが大暴れした2002年。

 

偉大な記録を打ち立てた、

 

平成最強のスラッガーの勇姿は、

 

今もなお語られる伝説的シーズン。

 

そしてゴジラはメジャーへ。

 

スポンサーリンク

松井秀喜氏に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

球界最高のホーランバッター、松井秀喜。

 

現役時代、素晴らしい実績を残してきたレジェンド。

 

メジャー移籍後、ヤンキースで活躍したが、

 

やはりすごかったメジャー移籍前の2002年。

 

シーズン50本塁打は松井秀喜氏の現役時代のハイライト。

 

それだけ際立ったシーズンであった。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です