サッカー

伊東純也 ベルギー、ゲンクへ移籍!!日本屈指のスピードスターのプレースタイルは!?

 

アジアカップも終了。日本代表は惜しくも準優勝だったけど、

 

若手の成長の底上げと考えるなら、よく頑張ったと言えるかもですね

 

各選手たちはそれぞれの舞台へ

 

そして成長を求めてステップアップを目指すものもいる

 

伊東純也

 

日本屈指のスピードスターは

 

さらなる成長を求め、己を磨くため活躍の場をヨーロッパへ

 

今回はJリーグからベルギーリーグへ移籍を果たした日本代表、伊東純也選手をPICKUP

 

 

伊東純也選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

名前 伊東純也 (いとう じゅんや) Jyunya Ito

出身地 神奈川県横須賀市

生年月日 199339日 (25歳)

身長 176cm

体重 68kg

ポジション FW(フォワード)・MF(ミッドフィルダー)

伊東純也選手のプレースタイル

 

日本屈指のスピードスター

 

Embed from Getty Images

 

伊藤選手は主にサイド中心でプレー。サイトハーフ、そしてウイングで持ち味を発揮。

 

抜群のスピードを武器に、縦への推進力、爆発力のあるスプリント力を誇る。

 

得意のドリブルでゴールを演出する積極性が持ち味。

 

その爆発的な瞬発力、スピードは得意のドリブルに最強のアクセントとなる。

スピードは日本代表でもトップクラスと言えるだろう。

 

試合の中で違いを出せる選手の1人。日本屈指のウインガー、スピードスター。

 

そしてもう一つの武器であるドリブルは、コンパクトでステップが細く、独特な間合いで勝負を挑み、

 

積極果敢なプレーは相手選手の驚異となる。

 

Embed from Getty Images

 

両足でシュートを打てる器用さもあるだけに、さらにシュート、フィニッシュまでの精度が上がれば、選手としてスケールがもう段階上げることができるだろう。

 

プレーにまだ荒削りなところがあり、ドリブルからのクロスに精度はまだまだ発展途上。

Embed from Getty Images

持ち味のスピードを活かしたドリブルだが、攻撃のリズムが単調なだけにもう少し幅を効かせるようなリズムを身につければ、もっと怖い存在になれる。ポテンシャルは高いだけに攻撃の際のバラエティーが欲しい。

 

選手としては遅咲きではあるが、楽しみな存在である。

伊東純也選手の日本代表・アジアカップでのパフォーマンス

 

伊東選手は昨年のワールドカップ後、森保新体制となり、日本代表に常時選出される存在へ。親善試合でも得点を決めるなど持ち味のスピードを生かしたプレーで存在感を発揮している。

 

Embed from Getty Images

 

先日まで開催されていたアジアカップでもグループリーグ第3戦のウズベキスタン戦スタメンとして出場。
それ以外は途中出場がメインであったが持ち味であるスピードを活かしたドリブルで存在感を発揮。日本代表をアジアカップ準優勝に貢献した。

 

しかし日本代表のスタメンでのファーストチョイスになれていないのが現状だ。

 

主に日本代表の右サイドには、ヨーロッパでも若手注目株として存在感を発揮している堂安律が日本代表のファーストチョイスになっている。

 

伊東選手は得意のスピードを生かした積極性、縦への推進力を誇り、日本代表でもそのスピードとドリブルは大きな武器となるが、

 

日本代表のレギュラーとして活躍するためにはさらなる飛躍が必要だろう。

 

そして伊東選手はさらなる高みを目指して海外へ

 

伊東純也選手はベルギー・KRCゲンクへ移籍

 

Embed from Getty Images

 

予てから伊東選手には海外移籍の噂が上がっていたが、

 

アジアカップ終了と共にベルギーリーグのゲンクに移籍することが正式に発表された。

 

期間は一年半の期限付き移籍となっている。完全移籍の買い取りオプション付き。

 

これまで伊東選手にはドイツのフェルトッナ、デュッセルドルフへの移籍が噂されていたが、ここにきてのベルギーリーグ挑戦は意外。

 

ここ近年のベルギーリーグには数々の日本人選手が移籍しており、アジアカップで共に闘った遠藤航選手、冨安健洋選手もベルギーでプレー。

 

ベルギーリーグでヨーロッパ挑戦する日本人の入り口になっている。

ベルギーでの活躍次第では4大リーグを目指せる環境なだけに選手としてステップアップを狙う環境としてうってつけ。

移籍するKRCゲンクは鹿島アントラーズ、日本代表で活躍した鈴木隆行氏が所属していたクラブで知られているクラブ。

KRCゲンクは現在ベルギーリーグ首位を独走。来年のチャンピオンズリーグ出場の可能性があるだけに、伊東選手にもチャンピオンズリーグでプレーする可能性があるだけに、選手として経験値が上がる環境。

 

伊東選手自身、最も成長できる場を選んだ結果と言えるだろう。

 

伊東選手は、選手として今以上に上手くなりたいと言う気持ちで海外に挑戦すると語っており、

 

ヨーロッパでも通用する存在へ、そして日本代表のレギュラーとして活躍を。

 

Embed from Getty Images

 

持ち味のスピードを活かすことができれば、ベルギーで結果を出すだろう。そして4大リーグを目指せるような選手まで飛躍してもらいたい。

 

そして日本代表スタメンのポジションを堂安律選手から奪い取って欲しい。

 

伊東選手は現在25歳とサッカー選手として年齢的には若くないだけに、

 

貪欲に邁進して欲しい。

 

持ち味のドリブルスピードを生かし磨いてさらにスケールのある選手になってもらいたい。

 

より一層飛躍を期待しよう。

 

伊東純也選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

現在日本代表にも欠かせない存在にまで成長した伊東純也選手。

 

Embed from Getty Images

 

さらなる飛躍を目指しての海外移籍。

 

持ち味のスピードを活かせば間違いなくヨーロッパでも輝くことができるだろう。

 

伊東選手のさらなる飛躍を期待していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です