遠藤航 ベルギー移籍で日本代表主力へ!! プレースタイルは?? ポスト長谷部!?




日本の攻守の要

ワールドカップ後森保新体制がスタート。その若手主体の日本代表のボランチ、

攻守の要としてとしての地位を確立しつつある遠藤航選手。

現在の好調日本代表を支える影の立役者としてそのプレーは高い評価を受け、

多彩なポジションをこなせる守備のポリバレントとして日本代表への貢献度は高いと言えるだろう。

 

ポスト長谷部最有力候補と称され、そのプレーは現在の日本代表ではもう欠かせない存在となりつつある。

これまで日本代表に招集されることはあったが、代表のポジションを獲得できずにいた遠藤選手には何があったのか。

ベルギーに渡り成長、自信を手に入れた若武者は一気に日本代表の主力の座を掴むのだろうか。

今回は日本代表の攻守の要でバランサー遠藤航選手をPICKUP

遠藤航選手のWiki的プロフィール


Embed from Getty Images

名前 遠藤航 (えんどう わたる) Wataru Endo

出身地 神奈川県横浜市戸塚区

生年月日 199329日 (25)

身長 178cm 体重 75kg

ポジション DFMF (ディフェンダー・ミッドフィルダー)

所属クラブ シント・トロイデンFC (ベルギー)

遠藤航選手の経歴・エピソード

 

日本屈指のバランサー

 

Embed from Getty Images

 

遠藤渉選手は現在ベルギーのシント・トロイデンDCに所属し、欧州で確かな成長を魅せる日本人としても成長株であろう。

現在日本代表として活躍している遠藤選手であるが、Jリーグでは湘南ベルマーレ、浦和レッズでプレー。

遠藤選手はプロキャリアスタートは湘南ベルマーレユース出身。

 

それまでの遠藤選手は横浜・F・マリノスユースを落選するなど、中学時代も目立った成績は残せることがなく注目選手ではなかった。そのオファーを受けた湘南ベルマーレユースに入団。

19歳で湘南ベルマーレトップチーム昇格し、19歳にしてベルマーレのキャプテンを務めるなど、その統率力の優れた存在を発揮。

複数こなせるユーティリティプレイヤーとして、また移籍した浦和レッズでもその存在感は湘南時代と変わらない。

彼ほどチームの重要な要として貢献すると言って過言ではない。その存在感はチームに安定感を生み出す。

遠藤選手は主役ではないが、必要不可欠だ。

しかしこれまでそのユーティリティさ、便利屋としての扱いに葛藤があったかもしれない。

そしてベルギー移籍が彼にとって大きなターニングポイントになる。

Embed from Getty Images

移籍したシント・トロイデンFCではボランチとしてインテリジェンスなプレーを魅せつけ

日本代表でも現在ボランチでスタメンの座を勝ち取るなど、新星日本代表でも確かな存在感を放っている。

 

遠藤航選手のプレースタイル・特徴

 

ポスト長谷部

Embed from Getty Images

遠藤選手の特徴はなんといっても複数のポジションこなせるユーティリティープレイヤーとしての抜群の存在感。

身長178センチと大きくはないが守備力に定評があり、フィジカルの強さ、ボール際での知り合いの強さも魅力で、リベロのようなポジションでも遺憾無く実力を発揮。

複数のポジションでの細かいプレイを得意し、駆け引きのうまさが定評がある。チームの中で戦術内での役売りは欠かせない存在。高い貢献度を誇る守備力だろう。

そして遠藤選手は守備だけではなく、その攻撃でも存在感を発揮する。

遠藤選手のロングボールや縦パスの精度に優れ、攻撃の幅を広げる展開力の高さを誇りチームにひと味違う味付けをしてくれるスパイスとしてかせない。

ベルギーに渡りボランチでプレーを勝負し、存在感を魅せつけることができたことにより、もともと評価のある守備力に加え、攻撃への意識、縦への意識が明確になり、持ち味でもあったパスの制度が日本代表でも大きな力、推進力、攻撃へのスイッチを入れてくれる。

プレー自体は目立つタイプの選手ではないが、チームの戦術の中で重要な役割を担える選手で貴重なだろう。

 

需要な役割を担うところがポスト長谷部誠と称される所以だろう。

 

しかし現在は日本代表のボランチして欠かせない存在ではあるが、

遠藤選手は湘南浦和自体は主にセンターバックやサイドバックなど最終ラインでの出場がほとんどであった。

代表選出後は、遠藤選手はユーティリティを評価され、日本代表へ選出されたが、その役割は便利屋としての扱いにすぎなかった。

 

自分が輝く居場所を見つけた。

Embed from Getty Images

森保新体制ではボランチとして輝きを放つ。

 

遠藤選手のプレーは細かく万能性に優れたプレースタイルがボランチとして適任さだったのだろう。

それまでユーティリティープレイヤーとしての役割だった遠藤選手は、ボランチというポジションで自分の才能、ボランチ遠藤として最高のプレーを見せつける。

ボランチ遠藤といえば、日本代表で最多出場を誇る、元日本代表で日本屈指プレーメーカーだった遠藤保仁選手が思い浮かべてしまうが、

彼とはプレースタイルは異なり比較対象ではないが、ボランチ遠藤としてその地位を確立してもらいたい。

今日本代表で欠かすことができない。

 

ポスト長谷部は君だ。

 

遠藤航選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今月から始まるアジアカップでは本当の意味で日本代表のボランチの定位置を獲得するチャンスだ。

しかし大会前に発熱で合流が遅れるなど、本大会でのパフォーマンスに影響が心配される。

現在チームに離脱者が出ているだけに、もし遠藤選手が離脱となればさらなる痛手だ。

遠藤選手は欠かせない存在になりつつある。

しっかり調整して、安定したプレーを魅せてくれることを期待している。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする