サッカー

堂安律 フローニンゲンからの移籍先はマンチェスターシティ!? ユーベ(ユベントス)!?【日本代表】

 

優勝しかない

 

そう意気込みが聞こえてくる。

 

今回の事カップではこれからの日本代表長を期待の若武者たちが集結。

 

若武者たちにはチャンスしかない。自分の地位を確率させ、アジアカップは主役の座のオーディション会場。

 

過去を振り返ると中村俊輔、香川真司、本田圭佑、といった彼らはアジアカップを優勝に導き、日本代表の地位を自分のものにし長年主役に、そしてエースとして君臨した。

 

現在、新エース候補に3人の若武者がいる。果たしてだれが主役の座に躍り出るだろうか。

 

俺に決まってんだろ。

 

と言われそうで笑、いや思っていると思う笑。

 

彼は考えているはずだ。

 

優勝以外ありえない。そして、大暴れし俺の大会にする。

 

と若干ハタチの若武者が見据えるのはサッカー界のトップ。

 

そんな日本が誇る才能にとってはアジアカップカップは通過点となるだろう。

 

どんなプレーを見せてくれるのだろうか。

 

さあ、堂安の大会が始まる。

 

今回は、アジアカップでの活躍が間違いない日本代表、オランダ、フローニゲンに所属の堂安律選手をPICKUP。

 

堂安律選手のWiki的プロフィール。

Embed from Getty Images

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年6月16日

身長 172cm 体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

 

堂安律選手はアジア杯でMVP確定!?

 

もう確定ですかね。

Embed from Getty Images

MVPとって頂きましょうかね笑。

 

堂安選手は昨年オランダのFCフローニンゲンへ移籍し、

 

移籍1年目にしてリーグ9ゴールをマークし、大ブレイク。

 

 

抜群のボールキープ力とそのドリブルで相手選手を翻弄。

 

相手陣内へ切り裂く。さらに高いシュート力で相手を粉砕する。

 

そのプレーは若き日の元オランダ代表快速ウインガー、ロッペン選手と比較されるほどの才能だ。

 

その類まれなる才能は若干20歳にして欧州のビッククラブの注目株。上昇中〜。

 

最近はフィジカルも成長しており、選手として常にアップデートをし続け成長の真っ只中。

 

強気な姿勢で己を鼓舞し、堂々と発言するビックマウス。

 

己の成長曲線を描き、明確なビジョンを掲げ、ヨーロッパで揉まれる事で、全てが更にスケールがアップした。

 

そんな堂安選手が日本代表として、アジアカップカップに挑む。初めての公式選手。

 

堂安選手自身、アジアカップで一番貢献した思われるように、と語っておりMVP級を活躍で日本代表を優勝に導いてくれるだろう。

 

前回のアジアカップは香川真司選手や本田圭佑選手などスター選手たちが選手として全盛期と、そして柴崎岳や期待の若手として選出されるなど、

最強メンバーと高い評価を受けながら、準々決勝の末、PKで敗退するなどと前評判がよかっただけに悔しい思いをした。

 

Embed from Getty Images

 

その借りを返す時がきた。新生サッカー日本代表の力を見せつける時だ。

 

再びアジアの頂点へと返り咲きだ!!

堂安律選手のプレースタイル・特徴

 

若干20歳にして日本屈指のアタッカー

 

Embed from Getty Images

 

堂安選手はサイドアタッカーとして主に右サイドから切り込み、攻撃を仕掛ける。

 

ドリブルの技術はさらなる磨きがかかっており、うまくなる一方。

 

そしてドリブルは軸のぶれない強さを誇る。

 

現在の日本代表でもその存在感は抜群。日本屈指のアタッカーに成長。

 

まさに重戦車のように。

 

Embed from Getty Images

 

さすが、マラドーアンって言われただけある。この呼び名はやっぱりダサいよね笑。もしかして体型のこと??

 

堂安選手がサイドから積極的に仕掛け、ペナルティーエリア内へ切り込み、ゴールを狙う。

 

さらにフィジカルの強さも成長が見られ、ドリブルも圧力が増しており、堂安律はうまさだけではない。

 

強さも手に入れてしまうつもりなのか。鬼に金棒。

 

さらに成長し、もっと強く激しいドリブルを身につければ、リベリーのような存在感になりそうだ。確かにリベリーのドリブルは圧力がすごいですよね!!

 

 

そして堂安選手の最大の魅力はやはりその強気の姿勢だろう。

 

 

俺の時代だ!!世界のトップになる!

 

Embed from Getty Images

 

そんな自信を堂々と表に出していく。

 

自分の明確な目標のために、己を鼓舞する為に言っているのもあるだろう。控え目な日本人には少ないタイプだよね。少しばかり図々しいくらいが丁度いい。

このメンタリティーだからこそ、一年目からヨーロッパの舞台で活躍できる最大の要因となっているのだろう。

 

まだまだ成長過程だし、もっとできるバズだ。

 

サカつくみたいに限界突破して欲しい笑。堂安選手がアジアカップでは明確は目標を持って望むだろう。

 

アジアカップので初公式戦を迎えるが、本人もこの大会はアピールするチャンスと捉えているはずだ。

 

堂安律選手、移籍へ。

 

ビッククラブ移籍は確定か

 

Embed from Getty Images

 

これまで堂安選手には移籍に関する報道はされていた。

 

今年の一月で再びマーケットが開く。

 

堂安選手には明確なオファーがあることだろうが、今回のアジアカップでの活躍がターニングポイントになるだろう。

 

ヨーロッパのビッククラブ、マンC、ユーベ、ドルトンムントなど獲得に興味を示しているみたいだが、実際正式なオファーではない。

 

夏の移籍市場ではロシアのチェスカモスクワが獲得を目指したとされるが、実現せず。チェスカへの移籍は堂安選手も望んでいないものだったのだろう。

 

やはり目指すはビッククラブ。

 

Embed from Getty Images

 

アジアカップで大暴れして、噂されていた、マンチェスターシティーやイタリアのユベントスが本腰になるような活躍を期待している。

 

今回の大会でMVPや得点王を獲得する活躍を見せれば、移籍は間違いなだろうし、ビッククラブへの移籍は時間の問題だろう。

 

そして日本代表の主役の座を獲得し、日本史上最高の選手へ駆け上がる。

 

それが堂安律が描くビジョンだろう。

 

堂安律選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

いよいよ日本代表のアジアカップ優勝への戦いが始まります。

 

日本代表を5度目のアジアカップ優勝に導くのは、

 

堂安律、あなたですよ。

 

彼の圧倒的なパフォーマンスでMVP級の活躍を期待しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です