日本代表 ベトナム戦 1-0で勝利!!準決勝へ!!相手はイラン!!【アジアカップ 試合内容】




負けたら終わりの一発勝負

アジアカップ決勝トーナメント準々決勝の相手は

東南アジア王者、ベトナム。

決勝トーナメントに勝ち進んできただけに勢いもあり、

決して侮れない相手。

日本代表もグループリーグから厳しい試合を乗り越えてきているだけに

アジアとはいえ、難しい試合が続きますな〜

そろそろ持ち味を発揮したいところですが・・・・

真剣勝負、短期決戦となると実力とか関係なく勢いってのもありますからね〜

しかしですよ、

中二日ってキツいっしょ??・・・・

日本代表がさらなる飛躍するための試練という事でしょうか

今回はサッカー日本代表、アジアカップ準々決勝の相手ベトナム戦をPICKUP

日本代表、ベトナム戦スタメン

Embed from Getty Images

GK 権田修一
DF 酒井宏樹 富安健洋 吉田麻也 長友佑都
MF 遠藤航 柴崎岳 
FW 堂安律 北川航也  南野拓実 原口元気 

日本代表、ベトナム戦の内容

前半から日本代表は積極的に攻撃し、セットプレーから吉田麻也選手のゴールで先制するが、準々決勝から導入されているVARにより判定が変わり、ゴールが取り消しに。

前半は0−0のまま。後半へ。

後半は始まってすぐ日本代表が攻撃でリズムを作り、チャンスを見せる。

そして原口選手パスのコンビネーションから、抜け出した堂安選手が倒されPK獲得。

Embed from Getty Images

堂安選手が自ら決め、日本が先制

その後は日本が攻め続けるがこの一点のみ。

1−0で日本が勝利。準決勝進出を果たす。

日本は前半からダイレクトプレーやサイドを使ったプレーで日本らしさを見せていたが、

相変わらず連携でのコンビネーションが悪い。

連携がチグハグする場面も。いい形を見せるもゴール前まで向かう流れを作れず。

そして問題なのは守備陣。ボールを奪われた際のベトナム選手のカウンター、守備陣の対応の遅いさが目立つ場面が多々あり、寄せが甘い為スペース空けてしまう場面も。

そして終了間際に権田と吉田の連携のミスから、あわや失点するという、ヒヤヒヤする場面があった。

やはり中2日と言うこともあったかもしれないが・・・

Embed from Getty Images

ベトナムは前半のチームの動きが良かった。ベトナムはアグレッシブに攻め込み運動量も豊富で細かいパスをつなげてくる非常にいいチーム。

ボールを持った際の攻撃のリズム、スピードはよく、さすが準々決勝まで立ち上がってきただけあるいいチームだ。

少し舐めて見ていた。申し訳ない。非常にいいチーム。アジアのレベルも上がって来ているということだろう。

しかし攻めてくることもありスペースが空き、日本の選手たちは攻めやすさはあっただろうが、

フィニッシュの精度に欠いたベトナムに助けられた場面も。

前半はが日本がボールを支配し、攻撃を強めたが連携での噛み合いの悪さが多々あり、そして前半終了。

後半始まってから積極的に日本が攻撃を仕掛け、前半に比べて体が攻撃での連動し、パスを回し良い形で入れている印象

積極的に縦パスを使い、効果的に攻撃のリズムを作れて初めて来た。

先制してから日本は攻撃のリズムが良くなり、後半途中からエース大迫選手を投入。

大迫選手の持ち味を見せていただけにこの試合の収穫だろう。

日本代表は終始攻め続けるが、相変わらず決定力不足。ベトナムの隙を狙ったカウンター、日本はロングボールへの課題も見えた。

決して悪くなかったが、

Embed from Getty Images

再三チャンスを作っていただけに、もう少し得点が欲しいところだろう。

攻撃陣の連携の悪さは相変わらず。準決勝で大迫選手がスタメンが予想されるだけにとき、どう変わるかが楽しみではある。

そして良かったところはやはり柴崎遠藤のダブルボランチが攻守にわたり存在感を発揮し、遠藤選手は相変わらず頼もしい存在。

そして柴崎選手がコンデションを上げできたのは大きいだろう。

課題は守備。

Embed from Getty Images

2日もあったかもしれないが守備陣のカバーの遅さで、スペースを空けてしまう場面が多々あり、ベトナム選手の精度の低さに助けられて印象だ。

準決勝までにしっかり修正して臨んでもらいたい。

準決勝の相手はイラン。

これまでの中で一番の強敵

事実上の決勝戦と言える。この試合が真価の発揮するとき。

日本の持ち味を出して勝って決勝に行きましょう。

日本代表、ベトナム戦のPICKUP PLAYER

堂安律

Embed from Getty Images

前半からチャンスがあればゴールに積極的に向かう姿勢、南野選手とのコンビネーションも良くサイドからペナルティーエリアに切り込み、持ち味のドリブルからのシュートを狙う場面もあったが、一連の流れからのゴールへは直結せず

PKでゴールを奪うが物足りない印象。しかし終始ハードワークしていただけに及第点。

南野拓実

Embed from Getty Images

前半からアグレッシブにプレッシングし、そして攻撃では堂安選手とのコンビネーションが冴え、ダイレクトプレーからシュートを放つなど随所に持ち味を見せていたが、またしても得点を奪えす。

昨年の親善試合で見せた存在感が消えつつある・・・

柴崎岳

Embed from Getty Images

試合を組み立てる際に状況に応じてポジションを変え、短調のパスで試合を組み立て、サイドを大きく使ったロングフィードも。

試合全体を見てしっかりコントロールでき、プレーに安定感があった攻守にわたり存在感をみせた

これまでの試合に比べて格段に動きが良く、ようやくエンジンがかかってきた印象。

遠藤航

Embed from Getty Images

ボールを奪われたときの危機的管理能力の高さ、カバーリングはほんとに早い、すばらしいの一言。本当に頼りになる存在。柴崎選手とのコンビネーションも良く、攻守に貢献していた。

原口元気

Embed from Getty Images

長友選手とのサイトでのコンビネーションはよく、そして相変わらず豊富な運動量で攻守にわたり貢献し存在感を見せる。持ち味であるサイドからエリア内に切り込み、シュートを放つなどやはり質の高いプレーで貢献度が高いと言えるだろう。

北川航也

Embed from Getty Images

積極的に前線から動き、得意な形でもある飛び出しも見せ、原口選手からのクロスにヘットで決めるチャンスがあったが決めきれず、決して悪くなかったが、得点を奪えず。

途中交代。プレーに印象が残らないのが残念。いいものは持っているし、オフザボールの動きは評価してもいいと思うが。

もっと我を出してもいい。ちょっとが大人しすぎる。そういう性格なのかもしれないが、生意気くらいがちょうどいい。

大迫勇也

Embed from Getty Images

エースが怪我からようやく復帰。途中出場ながら、持ち味のボールを収めて攻撃の起点となる動きを見せ、復帰明けにしてさすがエースといった動きをみせた

準決勝ではスタメンの可能性が高いだけに、コンディションを整える上で出場したのは日本代表にとって朗報と言えるだろう。

富安健洋

Embed from Getty Images

ボールを奪われた際のカバーリングの速さ、特に目立っていたわけではないが、プレーに安定感があった。試合ごとに成長している。どんどん頼もしくなる。

吉田麻也

Embed from Getty Images

守備への対応が遅れる場面が目立ち、簡単にスペース空けてしまっていた。そして連携でのミスが多すぎる。やはり前の試合の疲れか・・・

長友佑都

Embed from Getty Images

前の試合に比べて、積極的にオーバーラップし攻撃参加。守備の際も素早いカバーリング、ポジショニングも良かった。プレーに安定感があり、そして安心感をある。ベテランの味といったところだろう。

酒井宏樹

Embed from Getty Images

無難にこなしていたが、スペースを空けてしまい裏を取られる場面も。特に印象ないが攻守にわたり役割を果たしていた。

権田修一

Embed from Getty Images

相変わらず凡ミスが多い。安心して見れない。川島より安定感がない。なぜスタメンなのかと・・・・

ベトナム線のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ベトナムは非常にいいチームだっただけに、難しい試合ではあった。

PKでの1点だけだったが随所に日本のリズムはあっただけに準決勝までに制度をあげよう。

ディフェンス陣は中2日だったこともあり、疲れもあったあもしれないが準決勝までに時間があるだけにしっかり体調をまず整えることだろう。

これまで思い通りの戦い方はできてはないだろうが、

できてない時だからこそ勝ち切ることが大事。

準決勝の相手はイラン。

当然厳しい試合になるだけにしっかり勝ち切ろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする