吉田正尚 豪快なスイングが魅力!! 柳田を越えろ!! 将来メジャー!? 腰に不安も




2018年、豪快なスイングがついに覚醒。

初めてフルシーズン出場し、オリックス主力として堂々たる成績を納めた。

彼のポテンシャルを考えたら、驚きはない。むしろまだまだ。

吉田正尚。

オリックスの主力として、さらなる飛躍が期待される今シーズン。

日本の屈指の打者として、侍ジャパンとして、そしてメジャー挑戦が期待される逸材。

さらなる成長が期待されるオリックスバファローズの吉田正尚選手をPICKUP。

吉田正尚選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/icKRUh

名前 吉田正尚 (よしだ まさたか) Masataka Yoshida

出身地 福井県福井市

生年月日 1993年7月15日 (25歳)

身長 173cm

体重 83kg

ポジション 外野手

吉田正尚選手の経歴・エピソード

豪快

https://goo.gl/images/zN85kN

日本屈指の強打者へと成長した吉田正尚選手は

青山学院から大学時代は全日本の4番を務めるなど活躍をみせ、オリックスバ・ファローズからドラフト1位指名を受け、入団。

小柄ながら、パンチ力のあるバッティングで現在は注目の存在にまで成長。

https://images.app.goo.gl/fgjTc6qqmyghXMSU9

その豪快なスイングを見たものは、将来の日本を代表する選手になると誰しものが期待するポテンシャルの持ち主。

しかし吉田選手は入団した2年間は怪我により苦しむ日々を送っていた。

出場すれば大器の片鱗を魅せる打撃を見せていただけに、フルシーズン活躍できることを期待されていた。

スポンサーリンク

そして2018年プロ3年目。

見事全試合出場を果たし、3部門の成績はすべてチームトップの成績を残し、チーム三冠王に。

https://images.app.goo.gl/PCTxj26eZW4FLT7n9

フルで出れば間違いなく結果を残すとわかっていただけに2018年シーズンの活躍は予想通り。

むしろまだまだ全然スケールの大きい選手になるのでは期待が膨らむ選手。

そして2019年シーズンは吉田選手はさらなる飛躍が期待される。

彼のもつポテンシャルは計り知れない。

今シーズンも間違いなく打撃三部門でもレベルアップを期待する。

むしろ将来三冠王を目指せるだけの資質がある。

今後の成長の期待大。

オリックスの顔として、日本を代表する選手として。

今シーズンはどのような活躍を見せてくれるだろうか。

吉田正尚選手 豪快なスイングが魅力!!

パ・リーグ屈指の強打者

https://goo.gl/images/r2AAKJ

吉田選手は173センチの小柄な身長からは想像もできない豪快なフルスイングが魅力。

身体を大きく使うスイングは強く、大きいフォローするが特徴。

そのスイングスピードは日本の屈指を誇る。

そのフルスイングから放たれたホームランはエグい。それを見たものは彼の虜となる。

https://images.app.goo.gl/u6m2asBELv29PAzi9

フルスイングの打者って野球の醍醐味の一つで、ファンを魅了する。

現役では柳田悠岐選手、過去には小笠原道大氏、中村紀洋氏など彼らはその豪快なフルスイングでファンを虜にし、今だも記憶に残る。

フルスイングできる打者は強打者も条件でもあるだけに吉田選手もそのその一人だろう。

スポンサーリンク

しかし吉田選手自身、ホームランバッターでなく好打者でいたい、

打率も残して、本塁打も打てる、三振の少ない確率の高い打者を目指していると語っている。

吉田選手ぼ一見フルスイングは、無茶振りで確実性がないと思われがちだが、

吉田選手はしっかりボールを捉えるだけの高い打撃術を誇り、状況に応じた打撃を魅せる器用さも兼ね備えている。

スイングは強いが、柔らかくしなやかでもある。

https://images.app.goo.gl/T7g9mZJqvkADwxF1A

それが好打者の条件。吉田選手が目指す理想の打者へと確実に成長している。

タイプ的にはソフトバンクホークスの柳田悠岐選手ようなタイプ。

吉田選手は柳田選手とは共通点は多い。身体能力も高い。

フィジカル面での強さもある。

ウエイトトレーニングにより余念がなく、強靭な肉体を誇る。やはり吉田選手のバッティングを支えている強靭で強い下半身。

https://images.app.goo.gl/wfUEJwvCPWwiaxQU6

ストイックに鍛えられた大きな太ももやお尻周りの筋肉が彼のバッティングのエンジンと言ってもいいくらい。吉田選手の打撃の肝。

吉田選手もポテンシャルは半端ない。

野球に対する真摯な姿勢も素晴らしい。飽きなく向上心の塊。まだまだスケール大きい選手へと成長する。

日本最強の打者と称される柳田選手に最も近づくことのできるのは、

吉田正尚選手かもしれない。

吉田選手は柳田を超える!?将来メジャーへ!?

ギータのライバルへ

https://goo.gl/images/Uzq9KK

吉田選手は2018年シーズンは打率.321 26本塁打 86打点と好成績をマークし、飛躍の年となった。

入団して過去2年間は怪我で離脱。2019年も怪我なく過ごすことができれば、

330100打点は間違いなく残せる能力の高さ。そして、40100打点すら達成できるだけの可能性だってある。

スポンサーリンク

トリプルスリーを狙えるかと言えば、盗塁の面で期待はできない為、現実的には厳しいところだが、

首位打者やホームラン王を獲得、打撃3部門で高いレベルを残す打者になることは間違いない。

吉田選手のポテンシャルは柳田悠岐選手に負けない。

https://goo.gl/images/tByVen

今後は柳田選手のライバルとして、打撃部門で争うだけの存在になってもらいたい。

柳田の牙城を崩してほしい。それができるのは吉田選手。そう感じさせる期待感がある。

そして圧倒的な存在になり、メジャーリーグへ挑戦へ。

https://goo.gl/images/Agr2c6

吉田選手をぜひメジャーの舞台で見たい。そう思わせてる潜在能力の高さを誇る。

吉田選手も幼き頃から、日本のプロ野球よりメジャーリーグをみて育ったと語っているだけに、メジャーリーグへの憧れを持っている。

現在メジャーの強打者でスーパースターのブライス・ハーパー選手に憧れており、吉田選手が背負う34番はハーパー選手にちなんだもの。

目標でもあるハーパー選手に近づくような活躍をして、野球の最高峰の舞台を目指して欲しい。

吉田選手は大卒でのプロ入り。年齢的なことを考えれば、早期のメジャー入りは期待できないが、オリックスはポスティングシステムに理解がある球団だろう。

現実的には先の話なるが、日本で圧倒的な成績を残し、来るべき時が来たら、

ぜひメジャーリーグへ挑戦してもらいたい。

吉田選手は腰が不安材料!?

2019年はさらなる飛躍が期待される吉田選手。

https://images.app.goo.gl/1Ke1zRqTgu9eiAM77

しかし、懸念材料もあるのも事実である。

代名詞にもなりつつある豪快なフルスイング。

豪快なスイングを誇る吉田選手は入団当初はそのスイングのフォロースルーの大きさが原因の1つにもなっていたとされ、フルスイングが代名詞である吉田選手にはその大償は大きかった。

プロ入団後は、離脱を繰り返していた。

吉田選手は椎間板ヘルニア手術の経験があり、毎年の怪我の要因はこの腰痛が原因。

2017年シーズンもその活躍が間違いないとされていたが、開幕寸前に腰痛を再発させるなど、シーズンに間に合わず吉田選手自身、悔しい思いをしている。

怪我への対策として吉田選手はスイング修正に取り組んだ。

https://images.app.goo.gl/ZiFvVRz55GDT752KA

術後はその吉田選手の特徴でもあったスイングのフォロースルーを元々は最後まで両手で振り抜くスタイルだったが、その後は手を離すようになり改善を図っている。

スポンサーリンク

腰はバッティングの要とも言っていい。

腰に不安があるというところで見ると、再発の恐れもあるし、腰は身体の中心にあり、

中心のコアの部分に不安要素がある点は懸念材料で、手術したとはいえ楽観視はできない。

豪快なフルスイングは魅力ではあるが・・・

https://images.app.goo.gl/T7g9mZJqvkADwxF1A

吉田選手は当てに行かずに、しっかりスイングするタイプの選手なだけに本人も腰へ不安は常に意識の中にあるはず。

再発の怖さを完全に消してプレーするのは難しいのではないだろうか。

現在はうまくいってはいるが、怖さがあれば、再発となれば持ち味を失ってしまう可能性もあるだけに、唯一の不安要素か。

しかし、野球に対するストイックな姿勢を見せる吉田選手。

体のケアを入念に取り組んでいる。腰の手術も将来を見据えての判断だろうし、トレー二ングを見直し、
一からしっかり身体を作ることを選択したことが昨年の好成績に繋がっている。

野球に対する真摯な姿勢はアスリートとしての自覚を持っている素晴らしい選手だ。

吉田選手には強い信念を持ったプレーヤー。

強い信念があるからこそ、ブレることなく己を貫くことで、高いレベルのパフォーマンスを発揮できる選手に成長できたのだろう。

https://goo.gl/images/BKVLye

だから怪我で出遅れたが、しっかり結果を残す。

今シーズンはどこまで成績を残せるか楽しみだ。

吉田正尚選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今シーズンはどんなパフォーマンスを魅せてくれるだろうか。

吉田選手が目指す好打者へと成長し、今シーズンは首位打者を争う活躍を。

豪快なスイングが持ち味なだけに、ぜホームラン王も目指してほしい。

期待値が高いだけに余計に期待してしまうが、それだけの選手。

期待して彼の動向に注目していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Alan より:

    誤字多すぎます、もっと投稿する前に確認してはいかがでしょうか

    • k-8 より:

      ご指摘して頂き、誠に感謝しております。これから誤字等、見て頂ける方に不快がないようにして参りますので、これからもよろしくお願いいたします。訪れて頂きまして、誠にありがとうございます。