サッカー

ファンダイクの凄さとは?? 世界最強CBのプレースタイルをPICKUP!!

 

世界最強のCBの凄さとは??

 

フィルジル・ファン・ダイク

 

オランダが誇る最強で最高のセンターバック。

 

現在、史上最強のディフェンダーの呼び声高い存在。

 

その凄さとはCBとしての全てのレベルが正解最強レベル。

 

今回はフィルジル・ファンダイク選手の凄さやプレースタイル、活躍ぶりをPICKUP!!

 

フィルジル・ファン・ダイク選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/R9BHSmJpbcRe5k7D6

名前 フィルジル・ファン・ダイク(virgil-van-djk)

出身地 オランダ・ブレダ

生年月日1991年7月8日(28歳)

身長193cm

体重92kg

ポジション DF

ファンダイクの凄さとは?? 世界最強CBのプレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/7w8j2yJe76ogJYfNA

 

史上最強で最強

 

世界最強のディフェンダー

 

フィルジル・ファン・ダイク

 

プレミアリーグ・リバプールに所属するオランダ代表、

 

現在、世界最強のCBと称させる最強の男。

スポンサーリンク
 

所属するリヴァプールのディフェンス陣の要として、

 

クロップサッカーに欠かせない最強のCB

 

ディフェンス最強のフィジカルモンスター。

 

そんな世界最強のディフェンダーはファンダイク選手はどんな選手なのだろうか??

 

その凄さとは一体??

 

今回はオランダ代表DF、ファンダイク選手の凄さやプレースタイルをPICKUP!!

 

どんな選手??ファンダイクの凄さ、プレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/7yx4jhGoGheNfBzh8

 

ファンダイクこそ、

 

最強で最上級のディフェンス能力を誇る最高のセンターバック。

 

鉄壁という言葉はファンダイクのためにある。

 

ポジションは主にセンターバック。

 

スピード、フィジカル、そしてテクニックと判断力、

 

またセンターバックとして、ビルドアップ力、

 

現在サッカーに必要な要素全てを兼ねそなえる最強のCB。

 

持ち味のフィジカルに優れ、相手選手を逃さないスピード。

 

彼相手に抜き去ることは至難の技。とにかく凄い。

スポンサーリンク
 

 

ファンダファイクの凄さはまずボール奪取力。

 

スピードを活かしたボールを奪う奪取力は世界最強。

 

https://images.app.goo.gl/r2UQv28hfboM58SX6

 

それはボールを奪うテクニック、それは本能レベルで相手選手をねじ伏せるほど完璧。

 

ズバ抜けて優れたフィジカルは一対一では絶対的な強さと凄さがある。

 

それはどんな状況下でも無類の強さを発揮する。

 

そして優れているのはフィジカル面だけではない。

 

https://images.app.goo.gl/34a7AnuPxaKo83bs9

 

相手の攻撃の際にあらゆるパスに対応する予測能力と判断力に優れ、

 

ボールを供給するパスの出し手から、受ける側の相手選手へのポジショニングを予測してカバーに入る危機察知能力の高さ、

 

優れた的確で正確なポジショニングを取ることで、相手の攻撃のチャンスを根を積む能力の高さは秀でている。

 

ファンダイク選手自身がマークすべき選手と、ボールを供給する選手を同時に把握できる能力の高さ、同時に視野に入れることができる広い視野も兼ね備え、

 

自分自身の足が届く範囲のポジショニングを常に取ることができる冷静で状況判断はすぐているのもファンダイクの凄さの一つと言えるだろう。

 

味方選手へのコーチング能力もあるだけに、

 

ズバ抜けた身体能力だけか思えば、非常に判断力と正確性に優れた守備を展開するクレバーなディフェンダーだ。

 

ポジショニングはセンターバックとしては完璧。

 

身体能力は高い選手はポジションニングをおろそかにしがちにだが、

 

ファンダイク選手はそういったポジショニングを怠ることはなく、そして持ち味の身体能力にだけ頼るのではなく、

 

経験を生かしたポジショニング、守備力を発揮できるのはファンダイク選手の凄さ。

スポンサーリンク
 

攻撃のスイッチを入れるチャンスメイクもファンダイクの凄さ。

 

https://images.app.goo.gl/bgvbvUHADP9TAh8x5

 

優れたフィード力でボールをサイドに正確なロングパスを供給。

 

ファンダイク選手はディフェンスから試合を組み立てるビルドアップも兼ね備えて、

 

攻撃面で起点となれるスイッチャー。

 

展開力もある最終ラインの司令塔でもあるのだ。

 

そして、空中戦にも強さを発揮。

 

https://images.app.goo.gl/MArDAywLzZC14Hs38

 

ロングボールに対する競合いにはまず負けることがない。

 

フィジカルの強さ、空中戦にも強い。その強さはディフェンス面だけではなく、オフェンス面でも際立つ。

 

セットプレーでのファンダイクの存在は相手からすると驚異。

 

やはりファンダイク自身がディフェンダーということもあり、相手チームが守る上での相手が嫌がる動きが分かっているのはファンダイクならでは凄さがある。

 

ファンダイク選手はまず選手として純粋に強いということが、彼のディフェンスの凄さ支えているということ。

 

ここまで完璧なまでのディフェンス能力を誇る。

 

相手チームの攻撃陣は一番対峙したくない存在であり、

 

最大の強さと凄さはやはり精神面。

 

チームの精神的支柱である最高のキャプテンシーを誇り、

 

いかなる状況でも安定したパフォーマンスを発揮するブレないメンタル面こそ、

世界最強のディフェンダーとして活躍できる所以だ。

 

現在サッカーに必要な要素、全て兼ねそなえ、ファンダイク選手の凄さはディフェンス面全てにおいてハイレベル

 

モダンなセンターバック=ファンダイク。

 

https://images.app.goo.gl/RRoyZmiRtSheS1YM9

CBとしての正確性、安定感は最上級レベル。

そうファンダイクこそが現在の世界最強のセンターバック。

スポンサーリンク
 

世界最強のセンターバックの位置まで上り詰めることができたファンダイク選手。

 

一体どんなサッカーキャリアを歩んできたのだろうか。

 

https://images.app.goo.gl/rvG9agnmytuwdsZv7

 

ファンダイク選手はオランダ出身。

 

オランダリーグ、エールでヴィジョンの中堅クラブ、

 

ヴィレムIIのユースからサッカーキャリアをスタートさせ、

 

その後、同リーグのFCフローニンゲン、

 

そしてスコットランドの強豪、セルティックへ。

 

セルティックで2度の優勝など活躍後、プレミアリーグのサンサンプトンへ。

 

そして、2018年から現在所属するリヴァプールへ移籍。

 

2018/2019年シーズンは14年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献。

 

クロップサッカーのキーマンとして最終ラインからチームを支えるリヴァプールの絶対的な堅守の要として大活躍。

 

今や、世界最高のセンターバックの称号を手にしたといってもいい。

 

特にリヴァプールでの活躍での活躍はめまぐるしいほど。

 

プレミアリーグ史上最高のCBと称されるほど、その地位を確実なものに。

 

https://images.app.goo.gl/qbx1VuPwXKdsZM1b8

全てのCBの地位を上げるほどの活躍ぶりと言えるだろう。

スポンサーリンク
 

現在サッカー界は移籍金が高騰している中、現在は一位ではないが、

 

ファンダイク選手のサンサンプトンからリヴァプールへ移籍する段階では、移籍金はディフェンダー史上最高額。

 

しかし、現在のファンダイクの活躍はディフェンダー選手への評価を上げるほど、価値のある活躍といってもいいだろう。

 

現在は今年のバロンドール候補にも名を連ねている。

 

高額な移籍金に見合う、いやそれ以上の貢献度といっても過言ではない。

それだけ現在サッカー界において、ファンダイクはディフェンダーの最高峰にあるということ。

 

決してエリートではなかったファンダイク。

 

https://images.app.goo.gl/7kZ9EZ3wxYVxauFx5

 

若き頃から注目され、ビッククラブに所属したわけではなく、

 

一歩一歩確実に結果を残し、積み上げてきたキャリア。

 

どうしても攻撃選手ばかり注目される傾向にあるサッカー界。

 

高額な移籍金の上位は攻撃選手の中、

 

現在のファンダイク選手を現在の地位まで上り詰めたのは直向きなサッカーへの取り組み、

 

そしてセルティックやサウサンプトンのようなビックラブではないチームに所属し、

 

実力の差がある上のチームと対峙し、常に劣勢に立たされるような状況下で揉まれたことにより、ディフェンダーとしてのすべての要素を伸ばすことができたのだろう

 

環境が現在のフェンダイクを成長させた。

そして、どんな環境下でもストイックにさらなる成長を目指し、日々鍛錬を怠らなかった。

スポンサーリンク
 

それは移籍したリヴァプールでも。

 

https://images.app.goo.gl/29CMiVjr2bY4ynmW6

 

ファンダイクには優れた能力だけではなく、自分自信を貫ける強さもあった。

 

だからこそ、ディフェンダーとして、

 

世界から賞賛される最高のディフェンダーになれたのだろう。

 

13年ぶりのCBとしてバロンドール受賞なるか。

 

ファンダイクはさらなる高みを目指し、

 

歴史の名を残す偉大なプレーヤー入りは目前だ。

 

 

スポンサーリンク

ファンダイク選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

世界最強のセンターバック、ファンダイク。

 

リヴァプールの堅守の要は今シーズンも、

 

上質なプレーはさらに凄さを増し、

 

さらなる高みをを目指して欲しい。

 

年齢的にもこれから円熟期に入る。

 

さらに質の高いプレーで最高のディフェンダーの称号を。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です