サッカー

米子北の高橋祐翔(ゆうしょう)の進路は大分!! 出身や中学は??

 

U-18日本代表CBの進路は大分!! 出身や中学は??

 

高橋祐翔

 

Jリーグ大分トリニータ入団が内定している期待の選手。

 

第98回全国サッカー選手権大会では注目のCBの一人。

 

技術もある大型センターバックとして、将来楽しみな素材。

 

今回は米子北高校のU-18日本代表の高橋祐翔選手をPICKUP!!

 

高橋祐翔選手のwiki的プロフィール

 

名前 高橋祐翔(たかはしゆうしょう)

出身地 鳥取市

生年月日 2001919(18)

身長 188cm

体重 70kg

ポジション DF(ディフェンダー)

米子北の高橋祐翔(ゆうしょう)の進路は大分!! 出身や中学は??

 

高橋祐翔選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/LKW1GE7CHCVZRgiQ6

 

高橋祐翔選手は出身地は鳥取県。

 

浜坂小学校→浜坂中学校→米子北高校

 

浜坂小学校、浜坂蹴友FCでサッカーを始め、

 

その後、浜坂中学校に進学。

 

中学時代でも蹴友FCでプレー。

 

中学卒業後は地元出身地の鳥取県の強豪でもある米子北高校へ進学。

 

米子北高校は2018FIFAW杯ロシア大会で日本代表の主力として、活躍した昌子源選手の母校としても有名。

 

米子北進学後、高校1年生から主要大会にメンバー入りを果たし、

 

そして全国サッカー選手権を経験するなど、入学当初から非凡な才能を発揮。

 

高校2年生にはU-17日本代表にも選出。

 

その後もU-18日本代表など、世代別日本代表にも選出されるなど、

 

J複数クラブが興味を示すなど、高校生屈指のディフェンダー。

 

第98回全国高校サッカー選手権大会でも注目の選手の一人。

スポンサーリンク
 

 

高橋祐翔選手のプレースタイル・特徴

 

https://images.app.goo.gl/hSaA2y9qkx68SCbq6

 

ポジションはCB(センターバック)

 

身長188センチと恵まれた体格で大型センターバック。

 

身長を生かしたプレースタイルでヘディングの高さはもちろん、

 

センターバックとして、高身長ながら足元のテクニックもあり、

 

利き足の左足からの高いフィード力でキックの精度など、

 

ビルドアップ力を兼ね備えたモダンなセンターバックに必要な要素を持つ選手。

 

そして高身長ながら、スピードもあり、

 

高さと速さ、そしてうまさも兼ね備えた現代型センターバック。

 

高橋選手は中学時代はFWということもあり、足元の技術には定評がある。

 

高校進学後にボランチ、そして2年生の時に持ち前の高さやスピードを生かすために、センターバックに転向したことが転機。

 

FW、そして中盤でのプレー経験により、CBとして攻守にわたり、貢献度が高い選手に成長し、チームの心臓になれる選手。

 

高校の先輩でもある日本代表にも選出された昌子現に続くような日本を代表するセンターバックのなれるか。

 

昌子選手とはタイプは違うが、次世代の日本代表になれる大型センターバックだ。

スポンサーリンク
 

 

進路は大分トリニータへ。

 

https://images.app.goo.gl/f6PuVKZudUof5wc57

 

高橋祐翔選手は2020年、高校卒業後の進路はJリーグの大分トリニータへの入団が内定。

 

身長188センチと高さと技術を兼ね備えたCBは、

 

大分の舞台でプロキャリアをスタートさせる。

 

高橋選手は高校生屈指の大型センターバックとして飛躍を遂げ、2年生の時点でJクラブから声がかかるほどの選手に成長したが、中学時代は無名の選手。

 

中学時代はトレセンすら選ばれたことのない全くの無名の存在ではあったが、高卒からJクラブへの内定をできる素材として成長を遂げており、

 

進学した米子北でCBとして、才能を開花を開花させた。

 

一時はJのレノファの練習参加で全く通用せず、レベルを違いを痛感し、プロか進学か悩んだこともあるようだが、

 

自身の選手としての成長するために、プロの環境でもまれることを決意。

 

練習参加後は高校生活の中で課題であるフィジカルだけではなく、練習以外に取り組みを一新し、サッカーと直向きに向き合っており、

 

レノファでの経験が、高橋選手の意識を変えたことがその後の成長に繋がり、プロ入りの切符を掴んでいる。

スポンサーリンク
 

 

数年後は持ち味を存分に伸ばして、J屈指の選手へ。

 

https://images.app.goo.gl/PqTBEJaRj7xCPwn48

 

まずは入団する大分でまずレギュラーとなり、その後、j強豪からオファーを受けるような存在に成長して欲しいところではあるが、まずはプロ仕様の選手になることだろう。

 

Jリーグの土俵でしっかり戦うには、高校生では屈指のディフェンダーとはいえど、フィジカル面の向上が早い段階でのjの舞台で活躍できるために必要な要素。

 

必ずしも活躍できる保証はないが、大型で攻守に貢献できるセンターバックは希少価値があり、ポテンシャルは十分。

 

高校部活動ながら、U-18日本代表にも選出されるだけの選手ではある。

 

素材的には素晴らしいものを持った選手なだけに、

 

実力をJ舞台でも開花させて欲しい。

 

いずれは日本代表にも選出されるような選手へ。

 

高校の先輩である昌子を超えるような日本屈指のセンターバックを目指して欲しい。

 

 

スポンサーリンク

高橋祐翔選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

大型センターバックとして、期待の素材である高橋選手。

 

入団する大分での早い段階での活躍を。

 

まずは今季の選手権での活躍を楽しみしていきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です