野球

坂本勇人 年俸5億円!! ジャイアンツの顔!!

 

夢のメジャーリーグ挑戦はないのだろうか。

 

坂本勇人

 

今や日本を代表するスター選手として、

 

ジャイアンツの顔。そして、

 

球界屈指の高額年俸を手にするまでに成長した。

 

今回は読売ジャイアンツの坂本勇人選手をPICKUP

 

坂本勇人選手のwiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/pA9AcJKxCfjyWr9g9

名前 坂本勇人(さかもと はやと)

出身 大阪府伊丹市

生年月日 1988年12月14日(30歳)

身長 186cm

体重 83kg

ポジション 遊撃手

 

坂本勇人選手 年俸5億円!!

 

今や日本を代表するショートに成長した坂本勇人選手。

 

https://images.app.goo.gl/DB4n43q7tuTFxd3o8

2016年に行った打撃フォーム改良の成果により、近年の活躍ぶりには目を見張るものがある。

 

2016年に打率.344をマークし、初の首位打者を獲得。

 

https://images.app.goo.gl/zEAb8HULv4uZNqNU8

ショートでの首位打者獲得は、セ・リーグ初の快挙。そして両リーグ合わせてもショートでの首位打者はこれまで2人しかおらず、史上3人目の快挙。

 

https://images.app.goo.gl/KJMAEGsZSs6u8naH7

正直、良い選手ではあったがなかなか伸び悩んでいた印象もあり、平凡より少し上くらいの選手の印象であったが、打撃改造が功を奏し見事、球界を代表する実力を手に入れた。

スポンサーリンク
 

そして昨年の2018年も素晴らしい成績を残し、

 

首位打者は逃したものの、リーグ2位の打率.345とハイアブレージをマーク。

 

https://images.app.goo.gl/UJW4d9omyJVd6vYv5

球界トップレベルの成績を残し、今や球界最高のショートといっても過言ではない。

 

19歳でショートのレギュラーを獲得し、コンスタントに成績を残してきた坂本選手は、

 

若くして実力を発揮し、年俸も同年代の選手よりは高い印象であったが、近年の活躍により、年俸はうなぎのぼり。

 

特に昨年のシーズンオフのFA市場は盛り上がりをみせ、特にやはりスター選手のFA移籍が活発であった。

 

広島東洋カープからFA宣言し、読売ジャイアンツに移籍した2年連続MVP丸佳浩選手、

 

埼玉西武ライオンズでパ・リーグ優勝に貢献し、東北楽天イーグルスに移籍した浅村栄斗選手。

 

球界を代表する選手の移籍による年俸の高騰ぶりは話題になりました。

 

やはりプロスポーツの魅力の一つはその契約金。

 

プロ野球などは選手の年俸が推定ですが、公開されていますから、各チームの主力選手の年俸がどんなすごい金額になるのか注目の人も多いのではないでしょうか。

 

そんな一人が坂本勇人選手。

 

https://images.app.goo.gl/XwwGgFGS3iU4gJbr7

坂本勇人選手が昨年の活躍により、契約更改をより素晴らしい評価を受けた。

 

話題の年俸は推定5億円で更新。

 

ジャイアンツの生え抜きとして5億円の大台を突破した野手としては、巨人、ヤンキースで活躍した日米通算507本塁打を放ち、そして長嶋茂雄氏と共に国民栄誉賞を受賞したスーパースターの松井秀喜氏以来。

 

坂本勇人選手は今回球界トップクラスの年俸を獲得できるようになり、

 

現在読売ジャイアンツのキャプテンとしてチームを引っ張り、球界を代表する選手へと成長した。

 

2019年シーズンも開幕から好調。

 

開幕から1ヶ月たつが、早くも自己最高の成績を残す期待感。

 

https://images.app.goo.gl/koRHPZWSRk71kTuEA

開幕から年俸5億に見合う活躍ぶりを見せており、本当に選手として飛躍をとげ、スケールをあげた。

スポンサーリンク
 

今シーズンの活躍次第では今シーズンのオフ、契約更新ではさらなる高騰の予感。

 

今シーズンに限らず、昨年のような活躍を続けることができれば、

 

球界最高年俸選手になる可能性も・・・。

 

https://images.app.goo.gl/Hyp1uuvXZ32HXAex8

さらなる活躍を期待。

 

本当に球界を代表する選手へと成長した。

 

坂本勇人選手 まさにジャイアンツの顔!!

 

近年の坂本選手の成績は凄まじい。

 

https://images.app.goo.gl/98Z7WcoXD5iBjqLj8

もともと坂本選手はインコース打ちは球界NO.1と言われるほどの持ち主。

 

インコースをさばく技術は天下一品。

 

この球界一のインコース打ちが年俸5億に導いた坂本選手だが、しかし、2016年以前は打撃で伸び悩んでいた。

 

毎年コンスタントに成績は残し、2012年には最多安打を獲得してはいたが、

 

その後はなかなか活躍できずに2013年から2015年年まで平凡な成績であった。

 

2013年成績 打率.265 12HR 54打点、

2014年成績 打率.279 16HR  61打点 

2015年成績 打率.269 12HR 68打点

 

坂本選手は若くして名門ジャイアンツのレギュラーを獲得、それにジャイアンツは人気球団で金満球団、正直、ジャイアンツのブランド力で評価されていた印象であった。

https://images.app.goo.gl/VY6s2qtCUZcfkq3Z6

しかし当の坂本選手本人は、そのなかなか突き抜けることができず、成績は下降をたどり、平凡な選手で終わってしまうことに危機感を覚えていた。

 

スポンサーリンク
 

 

そんな坂本選手にターニングポイントになったのが、2016年。

 

見つめ直し打撃改造に着手。そん中、ヒントをくれたのが松井秀喜氏。

https://images.app.goo.gl/hZi5Hkqu41Vcfn478

2016年の春季キャンプに臨時コーチとして参加していた松井秀喜氏のアドバイスを求めたこともあり、新たな打撃感覚を習得。

 

2016年は大きく飛躍し、打率.344をハイアブレージをマーク。初の首位打者獲得。

 

ショートでの首位打者獲得は守備の負担が大きいショートのポジションでセ・リーグ初の快挙を成し遂げ、一段と飛躍を遂げた。

 

見事覚醒。打率も残し、時には大きな一発を打てるようになり、打撃が格段とよくなった。

 

https://images.app.goo.gl/7YVK5SkoTjhduDZu5

守備の負担の大きい遊撃手としてジャイアンツ史上初首位打者を獲得するなど着実に選手としてスケールアップに成功している。

 

さらに2018年は打率.345をマーク。リーグ2位で首位打者は逃したものの、

 

2016年に続く打率.340台のハイアブレージをマークし、自身打撃技術を確固たるものにした。

 

ここ近年、2016年以降の成績は素晴らしいといってもいい。

2016年成績 打率.344 23本塁打 75打点

2017年成績 打率.291 15本塁打 61打点

2018年成績 打率.345 12本塁打 67打点

 

特に打率は素晴らしいものがある。2017年以外は打率が340台というのはなかなできることでない。メジャー行く前の青木宣親選手が毎年打率.340台をマークしていたくらい限られた存在しか成し遂げることができないレベル。

 

坂本選手はそのクラスまで成長をとげたのかもしれない。

 

ジャイアンツの顔。球界の顔だ。

 

https://images.app.goo.gl/5B9dFJcnPm8QVJeL6

2019年シーズンも開幕から素晴らしい打率、成績を残している。

打率もハイアブレージを残せる選手へと急激に成長をとげた。それは坂本選手の野球に対するひたむきに純粋にアドバイスを求める姿勢があったからこそ。

 

本当に球界屈指の強打者へ成長。

 

そして守備の年々うまくなっており、2016年から2年連続ゴールドグラブ賞を獲得するなど選手としての幅も広がって来ており、

 

https://images.app.goo.gl/eWjL5H2dTuXv6WJX7

守備力に安定感が増し、守備の名手にまで成長した。

 

スポンサーリンク
 

 

さらなるスケールの選手になることができる坂本選手の今後に期待。

 

 

坂本勇人選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今年も素晴らしい活躍が期待される坂本勇人選手。

 

さらなるスケールアップ。

 

日本プロ野球史上最高のショートへ成り上がって欲しいです。

 

活躍は必須か。

 

今後の坂本選手に期待していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です