村上宗隆 ホームラン量産か!? 筒香クラス!? ヤクルトの4番へ!!




今シーズンホームラン量産か!?

村上宗隆。

今シーズンプロ2年目を迎えた期待のスラッガーは、

一軍でたしかな手応えを掴み、覚醒の予感。

世間的な知名度は低いが、彼が持っているポテンシャルは凄まじい。

期待のスラッガー清宮だけではない。もしかして、清宮選手よりも活躍するかも。

間違いなく、日本を代表する長距離砲の誕生か。

プロは結果の世界。

今回は期待のスラッガー、ヤクルトスワローズ所属の村上宗孝選手をPICK UP。

村上宗隆のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/qMU5eH

名前 村上宗隆 (むらかみ むねたか) Munetaka Murakami

出身地 熊本県熊本市東区

生年月日 2000年2月2日 (18歳)

身長 188cm

体重 97kg

ポジション 三塁手

村上宗隆選手 ホームラン量産へ!!

まさにスラッガー。ヤクルトの4番へ

https://images.app.goo.gl/oH48aeqYNrHEcz9KA

今シーズンプロ2年目を迎える期待の選手、村上宗孝。

高校時代は九州学院の高校生屈指のスラッガーとしてプロ注目の選手として、

2016年のドラフト会議で3球団の強豪の末、ヤクルトスワローズに入団。

昨年のプロ一年目ではシーズン終盤に一軍に昇格。プロ初打席でホームランを放つなど、これから日本プロ野球を代表するスラッガーとして注目存在だ。

村上選手は身長188センチと大柄の体格。

https://images.app.goo.gl/nHXbt3s496cH2Wuu9

どっちりとした構えは横浜DeNAベイスターズの筒香選手を彷仏とさせる。

恵まれた体格から力強いスイングからの長打力が魅力。

https://goo.gl/images/abdeXp

スイングスピードが早く、思いっきりがいい。しかし彼はパワーだけではない。

スポンサーリンク

バットの柔らかさ、リストワークのセンスを感じる。

https://images.app.goo.gl/vwdpNs8UTqfYE8vy9

村上選手はバットをリラックスして握り、パワーだけではない柔らかさもある。

村上選手はで今年で2年目ながらすでにスラッガーとしての風格がある。

ホームランだけではなく、打率も期待できる好打者への成長する可能性を感じさせる。

https://images.app.goo.gl/Ug4d7CkNzkfUgZ2e7

1年目は2軍で迎えたが、圧倒的な成績を残し、二軍での成績はあの清宮選手に負けていない。村上選手の打席でのアプローチを見ると着実に成長している。

シーズンオフに行われた台湾での若手主体のウィンターリーグではホームランを4本放つなど、実に成長しており今後の活躍を期待してしまう。

清宮選手に負けてない

村上選手の潜在能力決して清宮選手に劣っていない。

清宮選手より活躍するかもしれない。

https://images.app.goo.gl/ixd39VxCagDonoRR8

日本の長距離砲になる可能性を感じる。数年後は筒香選手のようなオーラを醸し出しだし、圧倒的な存在へ成長してほしい。

背番号55は期待の表れ。

https://goo.gl/images/oDtnVM

やはり55番は日本の野球の中で偉大な番号

55番と言えば松井秀喜氏。日本を代表するスラッガーでその存在は偉大だ。

日本の4番は誰だと聞かれれば松井秀喜と答える人は多いだろうし、背番号55と言えば、これも松井秀喜氏が思い浮かぶが、打者として筒香嘉智選手を彷彿とさせる。

なかなかこの番号のイメージを変えるのは難しいであろうが、その背番号を忘れさせるような活躍をしてほしい。

スポンサーリンク

村上選手にはプロ2年目での活躍が期待。やはりその比較は松井秀喜氏だろう。

松井秀喜氏は2年目には20本塁打を放っており、村上選手もやはりこれぐらいの成績は残して欲しい。

将来は松井秀喜氏や筒香選手のような日本を代表するスラッガーへ駆け上がってほしい。

ヤクルト4番といえば、これまでペタジーニやバレンティンなど外国人スラッガーが4番を努めてきたが、

間違いなく数年以内にヤクルトの4番は村上選手の座に。

https://images.app.goo.gl/n1zJaDeR9vv9vq2M7

同世代にはあの清宮選手以外にも千葉ロッテの安田選手など今後日本代表するスラッガーとして期待される若手がいる。

彼らに負けない位の活躍を見せて存在を見せて欲しい。

今シーズン、シーズン通してレギュラーで。

昨シーズンの初打席初ホームランを放つなど大器の片鱗を見せた村上選手の今シーズンの目標は一軍に定着することだろう。

今シーズンは開幕から一軍のサードのレギュラーで迎えることができた。

https://images.app.goo.gl/H4rWkJyPes9KryX46

ここまで30試合で早くも7本塁打放っており、シーズン通して一軍でプレーすることができれば、夢の長距離砲として覚醒する可能性が高い。このまま量産体制に入るか。

スポンサーリンク
現在のペースでホームランを撃ち続けることができれば、

シーズン30本塁打近くが期待できるかもしれない。

高卒2年目での松井秀喜氏の成績を超えることができるか注目だ。

https://images.app.goo.gl/dUDZz4nKBzGd7t7s9

まだ開幕して一ヶ月。シーズンは始まったばかり。これから一軍の投手たちもギヤを上げてくる。その状況下で結果を出せるかが鍵となる。

しかし、間違いなく日本を代表するスラッガーへと成長するだろう。

今後の成長を期待している。

村上宗隆選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

村上選手はまだまだ2年目。

完全に一軍のレベルに慣れるまで時間はかかるかもしれないが、

すでに今シーズンは一軍で結果を残し、着実に成長している。

数年後ヤクルトの4番、

いや日本の4番を目指して、

スケールの大きい選手になってほしいですね。

期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする