野球

山村たかよし(東海大相模)どんな選手??  出身小学や中学・特徴は??

 

東海大相模の主将、二刀流選手はどんな選手??

 

山村崇嘉(たかよし)

 

東海大相模が誇る156発カルテットの一人、

 

そしてチームの主将として2020年高校野球の挑戦を目指す。

 

2020年ドラフト候補としての期待の選手。

 

そんな神奈川県の強豪校で主力として活躍しているスラッガーは

 

一体、どんな選手なのだろうか。

 

今回は東海大相模の主将であり、2020年ドラフト候補、

 

山村崇嘉選手の出身小学や中学校や、身長、特徴などをPICKUPしていきましょう。

 

山村崇嘉選手のWik的プロフィール

山村崇嘉(やまむら たかよし)

出身地 神奈川県相模原市

生年月日 2002年9月28日

身長 180cm

体重 85kg

ポジション ファースト・ピッチャー

山村崇嘉(たかよし)選手の経歴 出身小学や中学は??

 

名門、東海大相模の主将、二刀流選手

 

https://images.app.goo.gl/RUG4L4ZRCXWzzZKt7

 

山村崇嘉(たかよし)選手は神奈川県相模原市出身。

 

出身小学校は不明であるが、小学生から武蔵府中リトルでプレー。

 

小学生時代に投手として110キロに迫るストレートを投げるなど、非凡な才能を発揮。

 

小学校卒業後は東海大相模中学に進学。

 

武蔵府中シニアでプレーし、2年生からレギュラーを獲得。

 

チームの4番、そしてエースとして全国大会に出場。

 

中学3年生の時にはジャイアンツカップ、

 

そしてU-15日本代表にも選出され、アジアチャレンジカップに出場。

 

山村選手は中学時代にすでに140キロ近いストレートと多彩な変化球を武器に活躍、

そして打者としても非凡さセンスを発揮し、世代屈指の存在であった。

 

中学卒業後、東海大相模高校へ進学。

 

一年生の夏からベンチ入りを果たし、夏の大会も打者、投手としても出場。

 

そして一年生の秋からファーストのレギュラーを獲得し、4番に抜擢。

 

2年生の夏、甲子園に出場。

 

2019年の春、夏、秋3季連続神奈川県大会優勝。

 

2020年の春の選抜甲子園大会にも出場予定。

 

2年ぶり11回目の出場となる選抜では、2011年以来となる頂点を目指す。

 

そして令和初の選抜大会では西川僚祐、加藤響、鵜沼ともに強力クリーンナップの一員として、大会注目の存在。

 

そして打撃だけではなく、投手としても高いポテンシャルの持ち主で、

 

二刀流選手としても楽しみな選手。

 

また2020年のドラフト候補でもある。

 

 

スポンサーリンク

山村崇嘉選手の特徴

 

高校通算44本塁打

 

https://images.app.goo.gl/ZkQvZhuKwzh65ZBR6

 

山村崇嘉選手は身長180センチ、体重85キロとがっちりとした体格で、打者としても投手としても素晴らしいポテンシャルを発揮する高校球児。

 

まずは打撃。右投げ左打ちで打者として、長打力が魅力。

 

構えは若干オープン気味に構え、重心は低めでどっしりとしており、バットを揺らしながら、足を上げてタイミングをとるスタイル。

 

しっかり振り切る打撃スタイルで、持ち前のパワーで発揮。

 

高校進学後、一年生の時は16本塁打を放ち、そして現時点ですでに高校通算44本塁打まで伸ばしている。

 

スイングスピードも154キロを記録するなど、高校生としてはトップクラスのパワーヒッターと言えるだろう。

 

現在のペースを考慮すれば、60本の大台も可能か。

 

高校3年の間のうちに、どこまで数字を伸ばすかも楽しみだ。

 

打者としては力強いスイングが魅力だが、引っ張るだけではなく、広角打ち分けることもできるようだ。

スポンサーリンク
 

 

投手としても素質十分

 

https://images.app.goo.gl/PfG5gpznmJdE6J7q8

 

山村崇嘉選手は中学時代は投手で、U-15日本代表では投手として活躍しているだけに、投手しても非凡な才能を感じさせる。

 

投げては最速142キロをマーク、

 

変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなど、どの球種でもカウント稼ぐことでき、変化球のキレにも定評がある。

 

打者だけではく、もともと投手なだけにポテンシャルの高さは魅力。

 

2年の秋から投手復帰。

 

山村崇嘉選手は高校進学は主にファーストのポジションでプレーしているが、秋の関東大会から投手にも復帰。

 

現在は投手もメインに練習をするなど、高校3年時は投手として活躍するか注目だ。

 

投手としての練習も熱心取り組んでおり、練習の成果次第では球速150キロを超えるストレートを手にする可能性も十分と言えるだろう。

 

山村投手は投打においてポテンシャルは非常に高く、選手としての総合力が高い。

 

人学年上で2020年に阪神タイガースに入団した遠藤成選手のようなタイプか。

 

遠藤選手も高校時代は投打において、素晴らしい才能を見せていただけに、今年1年で高校の先輩を超えるような存在に成長してほしい。

スポンサーリンク
 

 

2020年ドラフト候補!

 

https://images.app.goo.gl/qMTYjLPCZ2vABdyu9

 

高校通算44本塁打、そして投げては140キロを超えるボールを投げる山村崇嘉選手。

 

東海大相模の主将として、2020年どんな活躍を見せてくれるのか楽しみだが、

 

そんな山村選手の今後の進路も当然気になるところ。

 

現在の活躍を見せても2020年のドラフト候補しても楽しみな存在と言えるだろう。

 

チームメートの西川選手、加藤、鵜沼選手ともに今後、さらに活躍を見せてくれれば、ドラフト候補としてもプロのスカウトからも注目されるはず。

 

まだ大注目の存在ではないが、これからの活躍次第と言うところだろうが、

 

現時点では指名確実な存在ではく、プロ注目度の高くはない。

 

指名されればドラフト中位、下位での指名となるだろう。

 

それは進学し、大学球界4年間を経て、プロを目指すか。

 

これは現時点で考えることではないが、プロも注目する選手であることは間違いない。

 

2020年、高校野球界を沸かせるような活躍を見せてくれ。

 

 

 

スポンサーリンク

山村崇嘉選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

東海大相模の主将として、名門を引っ張る山村崇嘉選手。

 

チームメイトとの西川選手、加藤選手、鵜沼選手ともに

 

高校野球界の頂点を目指す。

 

そして2020年持ち味である長打力を発揮し、高校通算本塁打を積み重ねるかも期待。

 

秋のドラフトまでどこまで成長するのか活躍を見守っていきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です