【プロ野球】巨人山口鉄也引退!!全盛期はすごかった!?現在は!?




今年はたくさんスター選手が引退をしましたね。

こんなスター選手ばかりが引退する年はなかなか内容に思いますね。

日本プロ野球史上最高のショートストップ松井稼頭央や村田修一選手などスター選手に目が行きがちですが、その中で今回はジャイアンツを支えた名中継ぎエースを取り上げてみましょう。なんか不思議な選手でずっと気になっていたんですよw

山口鉄也選手。巨人の黄金期を支えてた名リリバーです。

地味でありましたが、全盛期は山口選手が出てくれば安心感はありましたね。名投手ですね。

育成の星と言われた山口鉄也選手を今回はPICKUPしていきましょう。

山口鉄也選手のプロフィール

名前 山口鉄也(やまぐち てつや)

出身 神奈川県横浜市神奈川区

生年月日 1983年11月11日 (35歳)

ポジション 投手

山口鉄也選手の経歴・エピソード

今シーズンで読売ジャイアンツを引退した山口鉄也選手ですが、本当にいい投手でしたね。

山口選手は高校時代は横浜商業高校のエースとして神奈川大会ベスト8に導きますが、全国的には無名の選手でした。当然ドラフトには指名されず。

高校卒業後、国士舘大学へ進学が予定だった山口投手ですが、メジャーリーグのダイアモンド・バックスのスカウトに注目をされ入団テストを受け、ダイアモンドバックスのマイナーで4年間プレーするが、メジャーの壁は厚く日本へ帰国します。

山口選手は日本を代表する名投手へなりましたが。当時の彼の姿を見て、日本のプロ野球のスカウトの目を止まらず。メジャーのスカウトはその山口選手の潜在能力を見抜いていたことになりますよね。
その後来日した山口選手は帰国し、横浜ベイスターズや東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けますが不合格。
諦めのつもりで受けた読売ジャイアンツの入団テストにまさかの合格。当時の二軍監督だった吉村禎章氏の目に止まる形で、ジャイアンツに育成枠として入団。
その後、入団した読売ジャイアンツ2年目から支配下選手に登録され、そのまま一軍へ定着。
その後ジャイアンツの必要不可欠の存在になり、9年連続60試合登板など素晴らしい成績を残して最優秀中継ぎ投手賞を3度受賞。さらにWBC2009年、2013年にも選出され日本代表する投手として平成を代表する名リリバーです。
山口選手は育成の星と言われましたが、それに関係なく本当に日本の名投手の一人として今シーズン引退されました。

山口鉄也選手のプレースタイル

山口選手の日本屈指のリリバーです。彼の特徴はサイト気味のコンパクトなフォームから繰り出す最速150キロを超えるストレート。そして投球フォームから繰り出すボールで打者の内閣をえぐるストレート、スライダー、シュートは抜群で一級品。

全盛期の山口選手のイメージは無双なイメージ。山口選手は中継ぎ、抑えが中心の役割。大事な場面での登板でプレッシャーのかかる場面が多いのですが、本当に素晴らしく圧巻のピッチング。

本当にいいときは打たれる気がしませんでしたね。

素直で自身のない性格とは裏腹にピッチングでは堂々と打者とねじ伏せる姿、その姿が信頼を獲得し、その信頼に答える為に投げ続けた、投げるたびに成長していき日本屈指の投手、鉄腕になっていったのでしょう。

しかし、その鉄腕は長きに渡りその信頼からフル回転により登板機会が多く、疲労が蓄積しもともと怪我少なかった山口選手は、2016年から成績は下降、2017年には怪我によりそのピッチングはなりを潜め始め、登板することも少なくなっていましたね。

2018年引退を表明。今後は!?

今シーズンで引退する山口選手ですが、晩年は怪我により成績は下降しますが、彼は自信のなさからどんなすごい成績を残そうとも過信することはなかったそうです。その性格があったからこそ最悪な状態に備え、体のケアを怠らなかったそうです。選手によってはすごい成績を残せば、年俸も上がり、浮かれ妥協が生まれ、プライベートも派手になる。そうやって消えて行った選手も多いでしょう。
山口選手が育成枠から大投手へ駆け上がれたのは彼の努力があってのこと。エリートからプロ野球選手になった選手とスタート位置が違うなか、地道な努力を続けてきたのでしょう。山口選手は控え目な性格で有名でした。彼を見ているその謙虚さが滲み出ていますよね。このような彼の人間性があったからでしょう。
高校時代は日本のプロ野球のスカウトに目に止まらないけど、メジャーのスカウト目に止まるなど、帰国の後受けた横浜ベイスターズの入団テストを受け不合格になりますが、その場に取材にきていた日本を代表するクローザーだった大魔神佐々木主浩氏が偶然訪問しており、山口選手のプレーをみた佐々木氏はその素質を見抜き、獲得を進めたなどと巡り合わせの良さを感じます。
それを物語るのが彼の引退会見ですね。引退会見にはサプライズで巨人の主将坂本勇人、長野久義、内海哲也などmさらに今年同じく引退表明をした杉内俊哉、村田修一などが登場。そんな引退会見なんてなかなかないことではないでしょうか。
山口選手の人の良さ、謙虚さが周りの人間の心を動かし、今の彼を人生、野球人生を導いてくれたのかもしれませんね。
引退後の山口選手は、ジャイアンツアカデミーでコーチをされるそうです。間違いなく将来のジャイアンツのコーチになることでしょう。これだけの選手に登りつめたわけですから、他の選手にはない山口選手が経験は貴重であり、これからの未来野球選手に伝えて言ってもらいたいですね。
お疲れ様でした。

山口鉄也選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は山口鉄也氏をPICKUPされて頂きました。数々名選手が引退した今シーズン。山口選手より有名な選手はいますが、今回はその野球選手っぽくない山口選手をずっと気になっていたので取り上げされて頂きました。今回調べて感じてのは成績より、超マイナス思考などやはり彼の人間性が魅力溢れる選手です。

本当に素晴らしい選手です。本当にお疲れ様でした。

これから今年引退した名選手や現役の注目選手やこれから活躍が期待される若手選手をPICKUPしていきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする