Jリーグ

柴崎岳 ヘタフェCFから移籍へ!? 嫁は真野恵里菜

 

柴崎岳よ、何をやっているんだ・・・・・。

 

ワールドカップでの活躍での彼の活躍を見た者は誰しもが思うことだろう。

 

ワールドカップでの活躍で夏の移籍市場で一気に注目銘柄になった柴崎岳。まあお買い得枠だけどね。

輝き放ったワールドカップではその正確無比なバスで日本代表のタクトを振るったグランド上での華麗な指揮者だった柴崎岳。

そのキレキレだったパフォーマンスで夏市場ではイタリアの名門ACミランやドルトムントが興味を示していたが、結局所属するヘタフェに残留。

先日は久々試合に出場したものの、何ヶ月ぶりに・・・というニュースは正直寂しいものだ。

所属するヘタフェでは出場機会がほぼない状態で、厳しい現状。

アジアカップには日本代表へ招集されたが、クラブでは構想外という現在の立ち位置から彼自身、何を思うのだろうか。

今回はアジアカップで活躍が期待される日本代表柴崎岳をピックアップしていきましょう。

 

柴崎岳選手のwiki的プロフィール

名前 柴崎岳 (しばさき がく) Gaku Shibasaki

出身 青森県上北郡野辺地町

生年月日 1992年5月28日 (26歳)

身長 175cm

体重 64kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

柴崎岳選手の経歴

 

柴崎選手はセントラルミッドフィルダーとして試合をコントロールするプレーメーカー。主にボランチでプレー。状況把握の能力、に優れ、一瞬のスキをつくキラーパス、またロングフィードによる展開力もあり日本屈指のレジスタ。その冷静なプレースタイルからは長年日本代表の引っ張り、絶対的存在だった遠藤保仁と比較され、そのゲームメイク力からポスト遠藤と称される。

遠藤保仁選手自身も過去のインタビューでポスト遠藤は誰との?問いに『岳ちゃんかな。』と答えていますから。公認ということです。それだけ期待されている選手ということでしょう。

さらに大事な場面や大舞台でゴールを決めるその勝負強さも魅力。ボランチだけではなく二列目のポジションでもその存在を発揮できる。

圧巻だったのがワールカップでのパフォーマンスだっただけに現在の所属クラブで処遇は歯がゆいものだ。

柴崎岳選手の経歴・エピソード

 

現在スペイン・リーグのヘタフェCFに所属するサッカー日本代表の柴崎岳選手は、中学から在籍していた青森山田中学で全国大会で準優勝。

彼を全国区になったきっかけは高校二年生の時に出場した全高校サッカー選手権大会でしょう。チームを準優勝に導き、その活躍よりスカウトの注目に。二年生にして鹿島アントラーズと仮契約を結ぶなど、もちろんアンダー世代の代表として、宇佐美貴史、宮市亮などプラチナ世代として背番号10番を背負うなど将来の日本代表を背負う逸材の人でした。

高校から入団した鹿島アントラーズではヤングプレーヤー賞を受賞するなど2年目にはヤングプレーヤー賞など、Jリーグ屈指のプレーメイカーとして着実に成長。

そして2016年に開催されたクラブワールドカップでスペインの名門レアル・マドリードから2得点を挙げる活躍で、スペインリーグ2部ではあるが柴崎選手自身念願だった海外移籍を果たす。その後2部での活躍が認められ、一部のヘタフェCFに移籍する。移籍序盤はバルセロナからゴールを決めるが、その試合で怪我の影響で長期に渡り戦線離脱。

その後はなかなか出場機械に恵まれず、苦しい日々を過ごしている。

この出場機会を得ていないのはいろんな要因があるだろう。

柴崎選手の移籍は!?不遇の原因は!?

柴崎選手はワールドカップ後の夏の移籍市場で移籍を望んでいたとされる。W杯の活躍でACミランなどが興味を示していたが、結局移籍できず残留。

この移籍問題がヘタフェでの現在の立ち位置に繋がったのだろうか。チームとしては移籍を望んでいる選手を戦力としては計算しないには当たり前。夏のマーケット時期では移籍の可能性が高かったのは事実。ヘタフェは夏の時点で守備的なボランチの選手を獲得している。この獲得が何を意味するのかは理解できる。

やはりチームの戦術面だろう。ヘタフェの監督はセンターの選手にフィジカル面を求めるがそれに対しフィジカル面が強みではない柴崎選手は当然序列は下がる。

柴崎選手にプレースタイルは現在のヘタフェの戦術にはフィットしないということだろう。

ここ数試合は出場機会を得ており、ヘタフェの監督も彼の課題は改善に向かっていると話してはいるが、ここ最近の出場は冬のマーケット市場で売却の為のプロモーションであるいう見方もできる。

本人も移籍を望んでいるはずでしょうから、移籍マーケットが再び今冬での移籍をぜひ実現させて欲しい。

現在スペインリーグのビジャレアルが獲得に興味を示しているとされ、正式オファーは現時点でない、本当に可能性はあるのかは不明なところだ。それに現在ドイツ・ブンデスリーガへ移籍するのではないかという噂も出ている。

また1月から開催されるアジアカップに選出されていることもあり、この大会での活躍次第で新たなるオファーは必ずあるだろう。冬の移籍史上での移籍は間違いないだろう。

 

柴崎選手が輝けるクラブはあるはずだ。期待したい。

 

柴崎岳選手の嫁は女優の真野恵里菜

柴崎選手はW杯後の7月に予てから交際していた女優の真野恵里菜さんと結婚を発表。現在はスペインで真野恵里菜も一緒に住んでいる模様。現在クラブチームで実質構想外で不遇が続いているが、きっと心に支えになってくれていることでしょう。

 

柴崎岳選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

 

現在は所属するヘタフェCFで苦しい立場に置かれている柴崎選手。

 

このまま終わる選手ではない。

 

実力はある。

 

現在の悔しさをまずアジアカップでその実力を示して欲しい。

 

期待しましょう。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です