高校野球

笹倉せな(仙台育英)2021年ドラフト目玉!? 出身・中学・身長・特徴

 

2021年ドラフト目玉!? 出身・中学・身長・特徴は??

 

仙台育英から世代屈指の才能の登場だ。

 

笹倉世凪(せな)

 

中学時代から快速球サウスポーとして

 

また2019年スーパー1年生として甲子園でも注目された

 

東北屈指の高校球児。

 

2020年は新2年生となり、高校3年生までどこまで成長するのか。

 

2021年ドラフト候補としても楽しみな存在。

 

今回は仙台育英の期待の高校球児、笹倉世凪(せな)選手の経歴、

 

出身や中学、そして選手としての球速や球種、特徴などをPICKUPしていきましょう。

 

笹倉世凪選手のwiki的プロフィール

名前 笹倉世凪(ささくら せな) 

出身地 岩手県一関市 

生年月日 2003514

身長 177cm

体重 73kg 

ポジション 投手・一塁手

笹倉せな(仙台育英)2021年ドラフト目玉!? 出身・中学・身長・特徴

 

世代最高の左腕の経歴

 

https://images.app.goo.gl/LRxdaMHs6nz8jCzp8

 

笹倉世凪選手は仙台育英が誇る世代最高の才能。

 

2019年スーパー1年生として、話題読んだ高校球児。

 

その経歴を見ていこう。

 

笹倉世凪選手。呼び名はせな。

 

出身地は岩手県花泉町(現一関市)。

 

小学生時代に花泉スポーツ少年団に所属し、当時からピッチャーとして非凡な才能を発揮し、楽天樹にジュニアでもプレー。

 

また全国小学生陸上にて、ソフトボーツ投げで全国3位に投げ、

 

最高80mを投げるなど、当時から小学生としてはズバ抜けた肩の持ち主だったようです。

スポンサーリンク
 

 

中学は秀光中等教育学校出身。

 

秀光中学は私立で仙台育英高校系列である。

 

笹倉選手は秀光中学時代になんと中学生にして147キロをマークし、

 

全国大会で準優勝。

 

中学2年生の時点で140キロを超えるなど、また打者としての主力として活躍するなど、中学時代から全国的も名を馳せるような存在だったようだ。

 

スーパー1年生として大活躍。

 

 

中学卒業後、宮城県の強豪校、仙台育英高校へ進学。

 

進学した仙台育英でもすぐさま頭角を現し、一年春から控え投手としてベンチ入り。

 

一年生ながら登板機会を獲得し、夏の県大会、夏の甲子園での登板。

 

特に甲子園では4試合登板し、3回戦では145キロをマークするなど、甲子園の舞台で活躍。

 

新たなるスーパー1年生として話題を呼んだ。

 

秋の大会では打者として3試合連続ホームランを放つなど、

 

高校1年生から強豪、仙台育英の投打の主力として素晴らしい才能を発揮。

 

これからが期待の高校球児の一人。

 

2020年は新2年生。

 

まだまだ先の話ではあるが、

 

2021年のドラフトでの話題を呼ぶ選手となるだろう。

 

 

スポンサーリンク

笹倉世凪選手の特徴

 

世代最高のサウスポー。

 

https://images.app.goo.gl/VaFu6yCWYfpfWwnA9

 

笹倉世凪選手は投打とのもに抜きん出だ才能の持ち主。

 

まずはやはり投手。

 

身長177センチ、体重85キロとがっちりとした体格で、ワインドアップの力感のない投球フォーム。

 

中学時代は腕の使い方に柔らかさがあったが、現在は少し上体頼りの投げ方。

 

上体気味のフォームは過去に踏み込む右足の影響あるようで、上体が強そうな投げ方で、地肩の強さを活かしたようなフォームが特徴。

 

投げては最速147キロをマーク。

 

変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップと複数投げることができるが、

 

やはり最大の持ち味はストレート。

 

左投手として高校生としては現時点でもトップクラスだろう。

 

左の本格派と言うべきか。素晴らしい才能だ。

 

笹倉投手は中学時代から140キロを超えるなど、規格外の才能の持ち主で身長はそこまで高くないが、どっしりとした下半身も鍛えられている。

 

球速アップの秘訣は中学時代のようだ。中学時だ笹倉投手は身長があまり伸びなかったこともあり、身体を強くすることにフォーカス。

 

体重をアップを取り組み、フィジカル強化できたことが球速アップに繋がっているようだ。

 

残り2年でまだまだフィジカル面は向上するはずだけに、150キロ超えも時間の問題だろう。

 

また笹倉投手は中学3年生の時に怪我で投球フォームを見直したことにより、球速アップを成功させているだけに、

 

上体の強さを活かしたフォームも下半身と連動性を高め、投球フォームを見直し続ければ、投手としてもっと良くなりそう。

 

ただ天才の肩の強さを持った選手なだけに、フィジカル面がアップすれば、さらに驚異の存在となるはず。

 

まだまだスケールアップを予感させる。2020年の選抜ではどこまで成長しているか期待大。

スポンサーリンク
 

 

打者としても非凡な才能

 

https://images.app.goo.gl/kUkTUJNevQsb4hsW6

 

笹倉選手は投手としてだけではなく、打者としての素晴らしい才能を発揮している。

 

グリップ含めでどっしりとした打撃フォームで軸のブレない打撃が特徴で、

 

85キロの体格を生かしたパワフルな打者が魅力。

 

打者としてはパワフルさを感じせ、これから打者としての成長に期待できる。

 

笹倉選手は仙台育英では1年生の秋からチームの主軸を担い、

 

秋の大会では3試合連続ホームランを放ち、順々決勝ではバックスクリーンに叩き込むなど、打者としての規格外。

 

これからホームランを量産し、打者としても世代最高の選手に成長するのかも期待。

 

笹倉選手は素晴らしい野球の才能の持ち主だ。投手としても150に迫るボール投げ、

 

打者としても素晴らしいパワーを持ち、打撃センスも抜群だ。

スポンサーリンク
 

 

2021年ドラフトを沸かせる素材か

 

https://images.app.goo.gl/1hoyGAmRuoPQvHnFA

 

笹倉せな選手はまだ2年生だが、これから楽しみな存在だ。

 

名門、仙台育英は素晴らしい才能を持った選手がいるが、笹倉選手はその中でも才能を見ても抜きん出た存在。

 

現時点でも高校生としてはトップクラス。世代最高の才能だろう。

 

気は早いが、2021年のドラフトを沸かせる逸材となるか楽しみだ。

 

投手として、打者として高校野球を沸かせることができるか。

 

2020年の選抜には出場するが、それ以降も再び甲子園に帰ってきて、話題を提供してくれるだろう。

 

これからの成長に期待していこう。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です