高校野球

さかうえしょうや(神戸国際)を紹介!! 出身中学・球速・球種【ドラフト】

 

神戸国際大附属から楽しな才能が登場だ。

 

打って良し、投げて良し、

 

二刀流としてチームの要。

 

2021年ドラフト注目の存在。

 

坂上翔也(しょうや)

 

全国的には有名な存在ではないが・・・・、

 

2021年、ブレイク必須の高校球児。

 

今回はドラフト候補でもある坂上翔也選手をPICKUP!!

 

2021年甲子園選抜にも出場する神戸国際大附属の要の出身や中学、

 

そして球速、球種、バッティングなど選手としての特徴を見て行きましょう。

 

阪上翔也選手のWiki的プロフィール

名前 阪上翔也 (さかうえ しょうや)

生年月日 2003111

出身地 兵庫県

身長 180cm

体重 85kg

ポジション 投手・外野手

さかうえしょうや(神戸国際)を紹介!! 出身中学・球速・球種【ドラフト候補】

 

阪上選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/6KgRY7eWBqiCBBmb8

 

神戸国際大学付属高校の投打の要、阪上翔也選手を紹介。

 

この選手・・・・・・めちゃいい選手です!!

 

ポテンシャルは高校生として屈指・・・・・・

 

なかなかの逸材です!!

 

阪上翔也選手の出身は兵庫県ではなく、和歌山県出身。

 

出身小学校は不明ですが、出身中学は和歌山県紀ノ川市立田中中学校。

 

野球はは小学1年からスタートし、紀ノ川市立田中中学進学後は硬式野球に転向。チームは打田タイガースに所属し、全国大会へ出場。

 

坂上選手は硬式野球と並行して、中学の陸上にも所属し、200mで県大会で2位に輝くなど、野球だけではない、非凡な身体能力を持っている。

 

いいバネを持ってらっしゃいます。

スポンサーリンク
 

 

中学卒業後、地元、神戸国際大学へ進学。

 

入学して1年生からベンチ入りを果たし、夏の大会でデビュー。

 

秋の予選から外野手のレギュラーへ。

 

その後、2年生の秋から投手としての能力を飛躍させ、

 

チームのエース級の存在へと成長し、兵庫県大会優勝に貢献。

 

近畿大会からエースナンバー1を背負うなど、投げるだけでなく、打っても攻撃に要。

 

神戸国際大学付属高校の要として、4年ぶり5度目の選抜に出場。

 

神戸国際大の投打の主力が輝くを放ち、一躍注目度をあげるか。

 

2021年ドラフト候補としても楽しみな存在。

 

阪上翔也選手の特徴 〜球速・球種・打撃など〜

 

高校生屈指のポテンシャル

 

https://images.app.goo.gl/e8hAULuFsVjNeEF69

 

 

最速145キロ。

 

変化球の球種

・カーブ

・スライダー

・カットボール

・スプリット

 

阪上翔也選手の魅力はまずはストレート。

 

球速のMAX145キロをマーク。

 

投げっぷりがよく、投球フォームもなかなか、リリースする瞬間もいい。

 

まだまだ球速は伸びるだろうし、神戸大附属の投打の要は投手としても素晴らしい才能を見せてくれる。

 

そして投球フォームもシンプルで魅力的で、立ち姿もいい。

 

俺が主役といわんばかりのオーラを放ち、マウンドでの存在感を放つ。

 

いいですね~、雰囲気あって。

 

まだ顔つきがいい!!

 

阪上投手の特徴はストレートだが、投手としてはコントロールに定評があり、まとまりがある。

 

投手としての完成度もなかなか。やはりマウンドでの雰囲気がいい。立ち振る舞いって大事っすよね〜笑。

スポンサーリンク
 

 

また変化球はスライダーがよく、

 

ストレートとスライダーのコンビネーションピッチャー。

 

阪上投手本人は、球速を意識せず、球種問わずしっかりと腕を振ることを意識し、

 

昨年の秋の大会では三振を奪っている。

 

阪上選手にとって、ストレートとスライダーは投球の生命線。

 

特に昨年の秋の大会は素晴らしい。

 

2020年の秋の公式戦成績(投手)

 

5試合 41.1回数 57奪三振 防御率0.65

 

秋の大会では1試合の奪三振率が12.41、また与四球率1.52と、

 

制球力もあり、そして三振も奪えており、投手としての総合力の高さを示してくれている。

 

いいじゃないっすか!!

 

抜群の安定感で、三振も奪えるっって・・・

 

めちゃいいですやん笑!!

 

今での素晴らしい才能だが、もっと強烈~って感じるくらいの投手になってほしいですね。

 

まだまだ投手として伸び代はかなりあり、楽しみな選手ではあるが、

 

秋の大会で右ひじ痛で治療に専念していたという事実があるだけに、心配な要素。

 

阪上投手が意識している腕をしっかり振るというのが、影響している可能性もあるだけに、

 

しっかり振るという意識が、強引に腕を振ることにより、右ひじ痛になってしまったのかも。

 

しかしながら球速も150キロに迫るボールを投げるだけに、そこに注目が行きがちだが、

 

やっぱりマウンドでの雰囲気がいい。

 

なかなか雰囲気がある選手は少ないので、楽しみですね。

スポンサーリンク
 

 

 

打者としても負けてない

 

https://images.app.goo.gl/hhZALHVctK7c86Fo8

 

阪上選手は投手としての才能だけではない。

 

なんと・・・・、

 

バッティングもいいんです!!

 

高校通算20本塁打を放つだど、投げるだけではなくバッティングでもチームの要。

 

阪上選手の打撃の特徴は、しっかりと振るということ。

 

投げる時もしっかり腕を振るということを意識している阪上選手は、バッティングでもしっかりスイングをするということを意識している。

 

金属はバットは当たれば飛ぶだけに、しっかり振る意識を持っているのはいいこと。

 

坂上選手はバッティングではバックスクリーンに打つイメージで、強引に引っ張るんではなく、センター方向へ意識。

 

逆方向へ大きな打球を打つことを心がけて、練習に取り組んでいるという。

 

強引ではなく、タイミングをしっかり取りながら、広角に打つことを目指しているということだろう。

 

ちょっと見た目は豪快な雰囲気があるが、広角に打ち分けるだけの技術もあり、しっかり状況に応じた打撃をする意識を持っている。

 

阪上選手は身体能力だけはない、自ら考えてプレーできるのも魅力だろう。

 

そして50メートルも約6秒で走るなど、走力もなかなか。

 

投打ともに高校生としてはトップクラスのポテンシャルを感じさせる。

 

全国手には現時点でそこまで注目度は高くないが、

 

一言・・・・

 

間違いなく、いい選手。

 

ポテンシャル・・高めです!!

 

なかなかの逸材です!!

 

 

能力だけではなく、雰囲気を持った選手なだけに

 

2021年出場予定の甲子園選抜大会では活躍すれば、

 

一気にギヤをあげて成長しそう・・・・

 

化けちゃうかも・・・・ね。

 

 

 

スポンサーリンク

2021年ドラフト指名の可能性は?? 指名はある!?

 

神戸国際大学付属の投打の要、阪上翔也選手。

 

高校生として素晴らしい才能を見せてくれているが、

 

2021年ドラフト指名はあるのだろうか。

 

投げてはMAX145キロ、打っては高校通算20本塁打を放つ才能には、

 

プロのスカウトもその才能を認めている。

 

やはり三拍子そろった才能、ポテンシャルの高さはプロのスカウトたちからが一番評価しているところであろう。

 

高校生としてはポテンシャルは高校生屈指レベル。

 

素材型としてドラフト候補ということだろう。

 

指名される可能性としては、断言できるものではないが、

 

ドラフトでの指名の可能性は十分あるだろう。

 

秋までに一回りもふた回り成長を遂げ、化けることがあれば、一躍、ドラフトでも注目されるような存在になる可能性もあるだろう。

 

基本的な能力だけはなく、雰囲気がいい選手なので、

 

そういった選手はプロに向いている。

 

まだまだ完成されていない原石。

 

磨けば、眩いばかりのか輝きを見せてくれるかもしれない。

 

まずは2021年選抜での活躍に期待。

 

勝ち進んで、坂上翔也選手が持つ己のポテンシャルを見せつけて欲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です