ドラフト

大道はるき(八戸学院大)の球歴!! 出身や特徴【ドラフト】

 

2020年のドラフト候補。

 

大道温貴(はるき)

 

青森の強豪校、八戸学院大学から150キロを超える右の本格派の登場だ。

 

そしてなかなかのイケメンやん。人気出ますよw。

 

ドラフトではどんな展開が待っているのか注目。

 

今回は2020年ドラフト候補である八戸学院大学の大道温貴投手の経歴、

 

出身中学や高校、そして特徴をPICKUPしていきましょう。

 

大道温貴投手のwiki的プロフィール

名前 大道温貴(おおみち はるき)

出身地 埼玉県川口市

生年月日 1999年1月21日(21)

身長 178cm

体重 78kg

ポジション 投手

大道はるき(八戸学院大)の球歴!! 出身や特徴【ドラフト】

 

大道温貴投手ってどんな選手??  経歴・球歴

 

2020年ドラフト候補の大道温貴投手。

 

 

2020年のドラフト候補として、大学生屈指の右腕である八戸学院大学の大道温貴投手。

 

ここで軽く経歴を見ていこう。

 

小学生時代→(南鳩ヶ谷スーパースターズ)

 

八幡木中学校(軟式野球部に所属)→春日部共栄高校

 

※野球を始めたのはシンガポール。

 

※春日部共栄高校時代は高校2年生からレギュラー投手へ。

 

八戸学院大学進学後一年から主戦投手の座を獲得。

 

1試合18奪三振をマーク。

 

大学通算成績は44試合に登板し、22勝7敗 防御率1.75と素晴らしい成績。

 

2020年ドラフトでは上位指名候補選手に名乗りを上げた期待の選手。

 

 

スポンサーリンク

大道温貴投手の特徴 球速・球種・フォーム

 

伸び代、顔、総合力あります。

 

投げる大道投手。

 

大道温貴投手投球の生命線はやはりストレート。

 

MAX150キロ

 

球種 スライダー、カットボール、カーブ、スライダー、チェンジアップと多彩。

 

伸びがあるストレートは大学生屈指。

 

多彩なボールで勝負する右の本格派。

 

スポンサーリンク
 

 

ワインドアップの投球フォームは癖のないシンプル。

 

※投球フォームは涌井秀章投手や現ヤクルトの吉田大喜投手を参考にしているとのこと。

 

フォームは魅力的ではないと個人的には感じが、

 

150キロ超えのストレートと多彩な変化球、制球力もあり、

 

投手として総合力は高いような印象を与えるが、

 

これといったズバ抜けた武器がない・・・・・・・。けど、

 

もちろんストレートはいいですよ。

 

全体的にまとまっているので総合力はある方でしょう。

 

そして、顔はいいw。

 

はい、イケメンです。

 

イケメン大道投手。

 

大学生の投手としては総合力は上、プロのスカウトは即戦力というより、

 

素材型の部類として見ているのではないか。

 

高校卒業後、大学4年間で着実に成長をとげているだけに、まだまだ伸びそうなタイプに見える。

 

2020年のドラフトでは上位指名の可能性は高いということで、

 

ドラフトではいかに。。。。。

 

 

おっと、イケメンだから、プロ入り後は人気出るかもですねw

 

 

スポンサーリンク
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です