野球

西野力也(大阪桐蔭) 2020年ドラフト候補!! 出身中学は??

 

2020年ドラフト候補!! 出身中学は??

 

西野力矢(りきや)

 

大阪桐蔭高校の4番。

 

大きな体格から力強いスイングが魅力。

 

名門大阪桐蔭で1年生から注目された逸材はどんな選手なのだろうか。

 

今回は2020年ドラフト候補選手、大阪桐蔭高校の西野力矢選手をPICKUP!!

 

西野力矢選手のwiki的プロフィール

名前 西野力矢(にしの りきや)

出身地 大阪府紀の川市出身

生年月日 2002年9月11日

身長 180cm

体重 89kg

ポジション ファースト・サード

西野力也(大阪桐蔭) 2020年ドラフト候補!! 出身中学は??

 

https://images.app.goo.gl/hK4UZpi9FfA4WpVS7

 

常勝軍団大阪桐蔭を再び、甲子園を制覇に導けるか。

 

西野力矢

 

大阪桐蔭歴代スラッガー、そして2018年の最強世代を超え、

 

大阪桐蔭屈指の打者を目指して。

 

2020年、ドラフト候補としても楽しみな存在。

 

今回は大阪桐蔭高校の2020年ドラフト候補、

 

西野力矢選手をPICKUPしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

西野力矢選手ってどんな選手??

 

 

https://images.app.goo.gl/ESxZThy9E4RncNCq9

小学校は不明(大阪泉州ボーイズ南大阪ベースボールクラブ(紀の川市立粉河中学校)大阪桐蔭

 

西野力矢選手の出身は和歌山県紀の川市。

 

3歳の時に兄の影響で野球を始め、出身小学校は不明であるが、

 

小学生時代は大阪府泉州ボーイズでプレーし、出身中学は紀ノ川市粉河中学校。

 

中学時代は南大阪ベースボールクラブに所属。

 

西野力矢選手は中学時代に通算35本塁打を放つなど、

 

当時から強打のスラッガーとして活躍し、注目の存在。

 

紀の川市立粉河中学校卒業後は大阪府の強豪、大阪桐蔭高校へ進学。

 

西野力矢選手の大阪桐蔭進学経緯は大阪桐蔭から誘いを受けたことがきっかけ。

 

中学時代に所属していたチームから大阪桐蔭へ進学する者がいたものの、西野選手自身は大阪桐蔭への進学は考えていなかったという。

 

幼き頃から大阪桐蔭には憧れは持っており、まさかの大阪桐蔭から誘いを受け、進学を決意。

 

大阪桐蔭進学後は中学時代から持ち味であった長打力を発揮。

 

野球エリートが犇めく環境の中、高校1年生の秋にベンチ入りを果たし、

 

公式戦初打席で初ホームラン、そして続く打席でも満塁ホームランを放つなど、

 

鮮烈デビューを放ち、名門から再び怪物スラッガーの登場かと話題を呼んだ。

 

その後は3番でレギュラーの差を獲得し、春の大会で4番を経験。

 

2019年は選抜、夏の甲子園には出場ならなかったもの、

 

現在は名門、大阪桐蔭で4番。

 

2020年は高校野球界を盛り上げてくれる期待のスラッガー。

 

そして2020年はドラフト候補選手としても活躍に期待される選手。

 

名門大阪桐蔭から再び世間を沸かせるスラッガーとなるか楽しみだ。

 

 

 

スポンサーリンク

西野力矢選手の特徴

 

https://images.app.goo.gl/aoB4njketa6Tn77s8

 

西野力矢選手は身長180センチ、89キロを恵まれた体格を活かし、

 

どっしりとした構えでスラッガーの風格を感じ、パワーが魅力のスラッガー。

 

ポジションはサード・ファースト。

 

中学時代から長打力を発揮し、大阪桐蔭入学から1年生から活躍。

 

現時点での高校通算本塁打は24本。

 

入学当初は足を上げる独特のフォームであったが、昨年の春以降は足の上げ方を変更。

 

高校1年の時点で活躍したこともあり、2年性のなるとマークがきつくなり、西野選手自身も打たされることが増えたこともあり、

 

バットのヘッドが走らせ、より確実性を求めて、チームのポイントゲッターを目指している。

 

西野力矢選手は中田翔選手ほど、威圧感はないが、力強いスイングで全方向にホームランを打てるなど、天才の長打力を感じさせる打撃は魅力だろう。

 

昨年の近畿大会準決勝の明石商業戦で2020年のドラフト注目の中森投手は3ランを放つなど、

 

高校生屈指の投手からホームランを放つなど、やはり大物感を感じさせる。

 

長打力は魅力だが、まだまだ荒削りさもあり物足りなさも感じるのが現状かもしれないが、

 

魅力的な打者であることは間違いない。

 

西野力矢選手の目標の選手は大阪桐蔭のOBでもある中田翔。

 

高校時代の中田翔選手のバッティングを見て、憧れを抱いており、

 

今後は中田翔選手に追いつけるような選手に成長してほしい。

 

高校生屈指のスラッガーとして、

 

今後のどんな選手に成長していくのか楽しみだ。

 

 

スポンサーリンク

2020年ドラフト指名の可能性は??

 

https://images.app.goo.gl/nx4cZuSon3XfgSgUA

 

西野力矢選手は名門大阪桐蔭でを務めるなど、

 

2020年は注目の選手の人だが、やはり気になるのが進路。

 

2020年のドラフトで指名されるのか注目だが、現時点ではドラフト候補選手という枠だろう。

 

ドラフトでは指名されるのかは定かではないが、プロのスカウト西野選手の存在はもちろん把握しているはず。

 

仮にドラフトで指名されることとなる場合は、

 

ドラフト中位から下位での指名か。

 

2020年の春の選抜に出場する大阪桐蔭だが、

 

まずは選抜で阪桐蔭の4としての存在を見せてくれるかが期待。

 

大阪桐蔭はこれまで、中村剛也選手、中田翔選手、浅村栄斗選手など、森友哉選手など、球界代表する選手を輩出しているこも有名だが、

 

西野力矢選手には彼らを追いかけるような選手になってほしい。

 

そしてなかなかハードルは高いが、

 

根尾選手、藤原選手、柿木選手代の黄金世代に負けない活躍を。

 

素材的にはスケール感のある打者なだけに、

 

秋のドラフトまで、どこまで成長してくれるか楽しみだ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

西野力矢選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

大阪桐蔭の4番、西野力矢選手。

 

西野選手自身、3月の初となる甲子園でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみ。

 

持ち味の長打力を発揮して、その名を全国区に。

 

2020年ドラフトの目玉選手になるような存在へ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です