野球

東海大相模の西川僚祐はドラフト目玉!? 出身中学・通算本塁打は??

 

東海大相模の主砲はドラフト目玉!? 出身中学・通算本塁打は??

 

西川僚祐(にしかわ りょうすけ)

 

高校入学からホームランを量産する世代屈指のスラッガー。

 

通算本塁打をどこまで積み重ねるか。

 

名門、東海大相模史上最高の逸材!?

 

2020年ドラフト候補選手としても注目の存在。

 

今回は東海大相模高校のドラフト候補、西川僚祐選手をPICKUP!!

 

西川僚祐選手のwiki的プロフィール

名前 西川僚祐(にしかわ りょうすけ)

出身地 千葉県船橋市出身

生年月日2002419

身長 186cm

体重 92kg

ポジション 外野手

東海大相模の西川僚祐はドラフト目玉!? 出身中学・通算本塁打は??

 

https://images.app.goo.gl/Zwst5qp7s6BVDvVs6

 

世代最高峰のスラッガーへ

 

西川僚祐(にしかわ りょうすけ)

 

中学がら騒がれた逸材は2020年の高校野球界の主役へ踊り出る。

 

高校一年からホームランを量産し、素材的には清宮に匹敵する存在。

 

そして、名門東海大相模市場の最高の逸材か。

 

期待の高校生スラッガーは、2020年の高校野球界をアツくする。

 

そんな名門、東海大相模の主砲は一体、どんな選手なのだろうか。

 

今回は2020年ドラフト候補、東海大相模の西川僚祐(にしかわ りょうすけ)選手のプロフィール。特徴などをPICKUPしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
 

西川僚祐選手ってどんな選手??

 

世代屈指のスラッガー

 

https://images.app.goo.gl/SXQiZEj8pMRohF2DA

 

西川僚祐選手は2020年高校生期待のスラッガー。

 

2020年ドラフトでも注目の存在はどんな選手なのだろうか。

 

そんな西川選手の出身は千葉県船橋市。

 

出身の千葉県の船橋市の古和釜小学校で野球を始め、薬円台リトルスターに所属。

 

小学6年の時に船橋選抜に選出され、優勝を経験。

 

小学卒業後、古和釜中学に進学し、佐倉シニアでプレー。

 

中学3年生の時にチームの4番、キャプテンとして全国大会を2度制覇。

 

中学時代に出場したジャイアンツカップでは、

 

豪快にライトにホームランを叩き込むなど、中学時代の通算本塁打数は30本。

 

中学生と思えない強烈な打撃で存在感は当時から抜群であった。

 

西川僚祐選手は中学卒業は神奈川県の強豪、東海大相模へ進学。

 

高校1年の夏の大会から早くも名門でベンチ入りを果たし、場外ホームランを放つなど、

 

やはり高校入学から規格外の存在であった。

 

秋から名門東海大相模の4番を務め、ホームランを量産し続けている。

 

現在、高校生屈指のスラッガーとして2020年期待の選手。

 

公式戦通算成績は一年の夏の大会から5大会出場し、

 

計28試合 打率.397 安打31本 本塁打6本 打点31 出塁率.520をマーク。

 

一年の夏の大会から5大会出場し、実戦でもしっかり結果を残している。

 

2020年は東海大相模は3月の春のセンバツ甲子園大会に出場か決まっているだけに、

 

甲子園でのどんな打撃を見せてくれるのか楽しみだ。

 

そして、高校生活集大成となる高校3年生の期間でホームランを量産するか。

 

2020年、高校生注目のスラッガー、そして秋のドラフトでも注目選手だ。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

西川僚祐選手の特徴 高校通算本塁打は何本??

 

清宮レベルのスラッガー!?

 

https://images.app.goo.gl/rxsQbpYKimkU51JF6

 

西川僚祐選手は身長186センチ90kgと恵まれた体格で高校生とは思えない、大きな体格の持ち主。

 

どっしりとした力感のないシンプルな構えから、

 

シャープなスイングでボールを弾き飛ばす、高校生屈指のスラッガー。

 

打席での雰囲気は昨年甲子園を制した履正社の井上こうた(阪神どら2位)のような構え。同じ右打者として、身長と体格も井上選手を彷彿とさせるものがある。

 

体格の割に豪快さはないが、しかしながら、長打力は持ち味の馬力型の選手で、

 

引っ張り専門の打者ではなく、広角に打ち分ける技術も兼ね備えている印象。

 

パワー型売りの選手ではあるが、打撃だけの選手ではなく、50m6秒3、遠投90mと、選手としての比較的総合力はある。

 

しかし、西川選手の持ち味はやはり長打力。

 

現時点での高校通算本塁打は53本塁打。

 

東海大相模入団からすぐさまチームの4番の立ち、1年生の年末までにホームランを30本台に到達するなど、

 

一年時のホームランペースは清宮選手の超えるペースであった。

 

西川選手は清宮クラスのポテンシャルの持ち主か。

 

2年生半ばで50本の大台到達はは見事だ。

 

西川選手は長打力が持ち味の選手なだけに、豪快な打撃が売りなのかと思ってしまうが、

 

意外にも三振が少なく、昨年までの公式戦28試合での78打席数の中で三振の数が6。

 

長打力が長けている打者に荒さが目立つこともあるが、西川選手は大振りはせず、比較的スイング自体はコンパクト。選球眼もある。

 

打者としての総合力は高いかもしれない。

 

西川選手は3年の夏までにどこまでホームランを量産するのかも楽しみだ。

 

さすがに清宮超えは現実的に厳しいところがあるが、

 

予想は最終的に60本の大台、そして70本王台も十分の可能だろう。

 

東海大相模の先輩である大田泰示(現日本ハム)がマークした通算65本塁打超えを期待したいところ。

 

現時点のホームラン数を考慮すれば、東海第相模史上最多本塁打記録更新は間違い無いだろう。

 

西川選手自身は目標は80本超えを目指しており、

 

中学時代から注目の存在だった西川選手は高校進学後も持ち味のスケール感あるの打者として着実に成長し、

 

今年1年間で持ち味のパワフルさを磨きあげるか注目。

 

豪快な打撃で高校野球史に名を刻むような屈指の選手に成長するのか楽しみだ。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

2020年ドラフトの指名の可能性

 

上位指名確実か

 

https://images.app.goo.gl/MyQoJeJ56uNNZSiW9

 

2020年高校生屈指の逸材とも呼び超え高い西川僚祐選手。

 

今年の高校野球界の中で注目の一人だが、

 

やはり気になるのが高校卒業の進路。

 

2020年ドラフト会議での指名の可能性はあるのだろうか。

 

西川僚祐選手への評価は現時点でも非常に高い。

 

プロのスカウト陣の中にでは清原和博史や落合博満氏のような打者になれるという評価もある。

 

それはさすがに話が飛躍し、過大評価に感じてしまうが、

 

高校生にしてはそれだけのスケール感のある打者ということだろう。

 

注目の2020年のドラフトでは指名は確実か。(高卒後の進路はプロが濃厚)

 

2019年のドラフトでは佐々木朗希や奥川恭伸選手など、

 

高卒での上位指名はあったものの、比較的即戦力が上位を占めた印象であったが、

 

現時点でも高い評価を得ている西川選手はドラフトでの上位指名の十分高いと言える。

 

似たタイプの井上コウタ選手は阪神からドラフト2位で指名された前例があるだけに、

 

井上選手が2020年の秋にプロ志望届を提出すれば、

 

ドラフトでは早い段階での指名は確実かもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

西川僚祐選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ドラフト候補、東海大相模の西川僚祐選手。

 

世代屈指のスラッガーはどこまで通算本塁打を積み重ねてくれるのか。

 

そして3月の選抜、そしてその後の活躍次第では

 

2020年のドラフト目玉となれる逸材なだけに、

 

今年は一層注目していきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です