野球

向坂優太郎(仙台育英)どんな選手?? 中学・身長・球速や球種を紹介

 

仙台育英の技巧派左腕はどんな選手??

 

向坂優太郎

 

2020年選抜甲子園大会に出場する強豪、仙台育英のエース。

 

左投手として球速140キロを超え、多彩な変化球を軸にする技巧派サウスポー。

 

今回は仙台育英の向坂優太郎投手の経歴、出身中学や身長、

 

また投手としての特徴など、球速や球種をPICKUPしていきましょう。

 

向坂優太郎投手のWiki的プロフィール

名前 向坂優太郎(むかいざか ゆうたろう) 

出身地 宮城県村田町 

生年月日 20021017

身長 181cm

体重 78kg

ポジション 投手

仙台育英の向坂優太郎をPICKUP!! 中学時代は卓球部!?

 

中学時代は卓球部!?

 

https://images.app.goo.gl/wU1oe36LjKGeAm2J7m

村田町立村田第二中学校(宮城県)→仙台育英高校(宮城県)

 

向坂優太郎投手は宮城県出身。

 

小学生から野球を始め、小学校の野球部に所属。

 

出身中学は村田町立村田第二中学校。

 

中学から硬式野球に転向し、宮城県の宮城臨空シニアでプレー。

 

向坂投手は中学時代はなんと卓球部にも所属。

 

卓球部では群体育大会を優勝し、県大会に出場した経験を持ち、平日は中学の卓球部の練習に参加し、週末は硬式野球でプレーするなど、異色の経歴の持ち主。

スポンサーリンク
 

 

中学卒業後は宮城県の強豪校、仙台育英高校へ進学。

 

進学を決めた理由は、2015年の夏の甲子園で準優勝したことが理由のひとつ。

 

野球そやる以上、高いレベルでプレーしたいと願うことは普通のこと。数多くのプロを輩出してきた名門に憧れを抱き、さらなるステップアップを目指し進学。

 

入学した仙台育英では高校1年生の時はベンチ外。

 

秋には怪我を経験し、2年生の夏の甲子園まで出場機会はなかったものの、

 

高校2年生の秋から出場機会を獲得し、活躍。

 

秋の時点では背番号は8番で外野手と投手としてプレーしながらも、

 

先発、救援とフル回転。徐々にチーム内で信頼を獲得し、

 

チームの秋の東北大会優勝に貢献。

 

その後、明治神宮大会で背番号1番を与えれ、エースへ。

 

公式戦8試合で45奪三振、防御率2.84と外野兼投手ながら、

 

素晴らしい活躍をして見せた。

 

仙台育英入学後は、強豪のレベル、そして怪我で伸び悩んで時期もあるが、着実に一歩一歩進み、現在はエースにまで成長。

 

2020年の初の選抜高校野球大会に出場を決めている仙台育英のエースとして、甲子園のマウンドで一段と成長を見せるか。

 

140キロを超える大型サウスポー、高校生屈指の左投手の一人だ。

 

 

 

スポンサーリンク

向坂優太郎(仙台育英)の特徴は?? 球種や球速

 

安定感抜群の技巧派サウスポー

 

https://images.app.goo.gl/hzT8d1aD9Lxznn31A

 

向坂優太郎投手は身長181センチと高身長で、左投げのサウスポー。

 

ストレートの最速141キロ。

 

球種はスライダー、カーブ、チャンジアップなど、

 

主に130キロ台後半のストレートと変化球を織り交ぜながら、打ち取る投球スタイル。

 

左右に投げ分けるコントロールが生命線で、変化球をストライクゾーンに投げ分けることができ、特にスライダーには決め球として自信があるようで、

 

球速、球種、コントロールなど投手としての一定のレベルにある。総合力はある方の投手だろう。

 

憧れは横浜DeNAベイスターズのエース、今永昇太投手。

 

プレーだけではなく、今永投手の座右の銘である『逆境こそ覚醒の時』を意識し、日々、成長を目指している。

スポンサーリンク
 

 

まだまだ伸び代は十分。秋まで一回り以上の成長する可能性も期待できる。

 

投球フォームが若干末端気味。コントロールを意識しているような投げ方なので、個人的にはもう少し躍動感が欲しい。

 

しかし現時点でも球速も140キロの大台に乗せているだけに、フィジカル面を強化すれば、球速自体も自然とアップするだろう。

 

150キロに迫るようなストレートを手にできれば、より一層大型サウスポーとして注目度が上がりそうだ。

 

高校生屈指のサウスポーは数年後、今永投手のような日本を代表するサウスポーに

 

成長していることを期待したいですね。

 

現在は仙台育英のエースとして、不可欠な存在にまで成長した向坂投手。

 

2020年の甲子園のマウンドでの姿を楽しみにしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

向坂優太郎に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

東北の強豪、仙台育英のエースに成長した向坂優太郎投手。

 

中学時代は卓球部でプレーするなど、異色の経歴を持ち主だが、

 

現在は仙台育英の実質エースに成長し、欠かせない存在だ。

 

まだまだ成長が期待できる素材なだけに、大舞台を経験し、

 

2020年ドラフト候補選手となり、憧れのプロ野球を掴み取って欲しいですね。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です