野球

諸隈いっと (東海大相模)出身小学・中学は?? 球速や球種・特徴も

 

東海大相模の左腕エースはどんな選手??

 

諸隈惟大(いっと)

 

2020年、逸材が揃う高校野球界注目の東海大相模のエース。

 

名門のエースとして、頂点に導くことができるか。

 

今回は東海相模の諸隈惟大投手の経歴、出身小学や中学校、

 

そして選手としての特徴、球速や球種をPICKUPしていきましょう。

 

諸隈惟大投手のWiki的プロフィール

名前 諸隈惟大 (ものくま いっと)

出身地 千葉県船橋市

生年月日 2002年7月1日

身長 177cm

体重 75kg

ポジション 投手

諸隈惟大投手の経歴 出身中学や小学校は??

 

中学時代は日本一

 

https://images.app.goo.gl/QBDqTWH2xsSvYmLb9

習志野ワンパクズ(小学校は不明)→佐倉シニア(船橋一立二宮中学)→東海大相模高校(神奈川県)

 

諸隈惟大投手は千葉県船橋市出身。

 

出身小学校は不明であるが、習志野ワンパクズで野球を始め、

 

小学生時代からエースとして全国大会に出場を経験。

 

その後千葉ロッテマリーンズJrに選出されるなど、当時から非凡な野球センスを発揮していた。

スポンサーリンク
 

 

小学校を卒業後、船橋市立二宮中学校へ進学。

 

中学時代は中学の部活動ではなく、シニアの強豪である佐倉シニアでプレー。

 

強豪佐倉シニアでは一年生から活躍し、エースとして活躍。

 

2015年はジャイアンツカップベスト8、

 

2016年はジャイアンツカップベスト4、

 

2017年はジャイアンツカップ優勝し、日本一を経験。

 

中学3年間リトルシニア全国選抜野球大会に3年連続出場。

 

3年生の時には優勝に貢献し、MVPを獲得するなど、中学時代にはすでに実績も十分。

 

その後U-15侍ジャパンに選出され、世界大会に出場。

 

小学時代、そして中学時代も素晴らしい才能を発揮しており、諸隈投手は世代屈指のサウスポート評価されるほど、逸材として当時から有名な存在であった。

 

中学卒業後、神奈川県の名門、東海大相模へ進学。

 

東海大相模へ進学後は、一年生からベンチ入りを果たし、

 

春の関東大会から登板機会を与えら、その後も1年生ながら名門で登板機会を獲得。

 

2年生の夏の甲子園のマウンド経験し、甲子園では思うよな投球ができず。

 

秋からエースに抜擢され、秋の県大会で計6試合に登板し、24回を投げ、防御率1.84と好投し、東海大相模の春夏秋の3季連続優勝に貢献。

 

しかし関東大会では準決勝で2回で降板するなど、悔しさを味わったが、

 

強豪東海大相模では揉まれながら、着実に成長。

 

現在は東海大相模のエースとして、絶対的な存在を目指す。

 

見据える先は全国制覇。

 

中学時代に全国を制覇した男は高校野球の舞台でも頂点を目指す。

 

 

スポンサーリンク

諸隈惟大投手の特徴 球速や球種は??

 

技巧派サウスポー

 

https://images.app.goo.gl/R1AFqaWFn4Xf3ygS9

 

諸隈惟大投手は身長177センチと細身の体型で、独特な投球フォームが特徴。

 

諸隈投手はテイクバックの際に左腕を意識したフォームで、

 

リリースの際、一見サイドスローに見えるが、スリークウォーター。

 

セットポジションから横回転気味なモーションで、インステップするのが特徴で、投球フォームだけで見ると、やはりサイドスローに見えてしまう。

 

ストレートの最速は135キロと速さはないものの、ストレートとスライダーを軸に投球を組み立てる。

 

そのほかの変化球はカーブ、そしてチェンジアップ習得し、

 

投球に幅を幅をもたせることを目指している。

 

特別なものがないのが課題か

 

https://images.app.goo.gl/tWkEtSSKrwsVbNCK6

 

 

諸隈投手は名門で昨年の秋からエースに抜擢され、秋の県大会で素晴らしい成績を残してはいるものの、物足りなさを感じしまう。

 

柔らかさやしなやかさがあるわけではなく、特別ズバ抜けたボールもあるわけでもない。

 

正直、此れと言って強みがないのが課題かもしれないが、まだまだ成長過程で伸び代は十分。

 

高校生の左投手としては135キロは速い部類に入るだろうが、個人的にはもう少し球速がアップしてほしいところだ。

 

球速も150キロに近いボールを手に入れることができれば、高校生屈指のサウスポーになり、確固たる存在になれるはず。

 

中学時代日本一を経験し、世代屈指のサウスポーと評価されていだけに、

 

名門東海大相模を日本一に導いてほしい。

 

 

スポンサーリンク

諸隈惟大投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

東海大相模の左腕エース、諸隈惟大(いっと)投手。

 

小学、中学時代からエースとして活躍し、

 

特に中学時代は日本一を経験、

 

進学した名門東海大相模でも昨年からエースに抜擢されるなど、

 

素晴らしいキャリアを歩んでいる。

 

高校生活の集大成となる2020年は目標である日本一を成し遂げるか。

 

2020年の東海大相模のメンバーは逸材が揃っているだけに、

 

そのエースとしてどんな活躍をみせてくれるのか期待していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です