FA

丸佳浩選手はギャンブル好き? 契約はあの松井超え?? 能力も顔のデカさも松井秀喜を超える!??

 

今年のプロ野球のFA市場は盛り上がりを魅せましたね。

 

FA市場でもっとも注目を集めた丸佳浩選手。

 

丸佳浩選手は去年と今年と2年連続MVPを受賞と広島東洋カープで3連覇に大きく貢献し、今年のFAの目玉として注目を集めていましたが、読売ジャイアンツに移籍。

 

このネタ結構前に書いていたんですけど、時間経ってしまって、タイムリーなネタではなくなってしまいました笑。

 

ま、いいんです笑。

 

今回は読売ジャイアンツへFA移籍した丸佳浩選手をPICKUPしていきましょう。 

 

 丸佳浩選手のWiki的プロフィール

 


名前 丸佳浩(まる よしひろ)
出身 千葉県勝浦市生年月日 1989年4月11身長・体重 177cm 90kgポジション 外野手

 

丸佳浩選手の経歴

 

 丸佳浩選手は小学3年からソフトボーるを始め、中学では軟式野球、 高校は千葉経済大付属高校に進学し、2度甲子園に出場(高校2年の夏の甲子園大会、春のセンバツ大会)。 エースとして牽引し、打っては高校通算49本塁打を記録。

 

打ってよし、守ってよし。まさにエースで4番!!

 

まあ、プロになる選手はだいたいエースで4番であることが多いですよね

 

 丸選手は2007年のドラフト3巡目指名を受け、広島東洋カープに入団。2008年の一年目からフレッシュオールスターに出場するなど、二軍で頭角を現し、 2011年からレギュラーに定着し、2013年に盗塁王、徐々に主力に成長。

  2017年には最多安打、そして2017年から2年連続リーグMVP さらに2013年から6年連続ゴールドグラブ賞を受賞するなど、走攻守三拍子揃った、現在の日本プロ野球を代表するプロ野球選手になっちゃいましたね。

 

ちょっと地味目ですが、間違いなくいい選手ですよ。

 

 丸佳浩選手はFAで読売ジャイアンツへ

 

 広島東洋カープで活躍していた丸佳浩選手。広島東洋カープのリーグ三連覇に大きく貢献し、

 

今年オフにFA宣言。

 

広島カープに残留するのではないかという声もありましたが、推定6年35億と破格の読売ジャイアンツに移籍が決定。当然、世間は結局は金か!と批判的な意見が出ていますが、FA宣言は実績を残してきた選手が自由に移籍ができる権利です。プロスポーツ選手として一番評価してくれる環境へ移籍するのは当然です。

 

また数々FA選手を獲得してきた読売ジャイアンツへの移籍ですから世間の批判的は声もあるでしょうが、 厳しい環境へ身を置くことは選手としてさらなるスケールの選手にしてくれることでしょう。

 

 今後の丸選手に注目ですね。

 

 丸佳浩選手は能力は松井秀喜以上!?

 

 FA宣言で読売ジャイアンツへ移籍した丸佳浩選手。その契約内容は推定6年35億円と破格の契約。その契約内容はニューヨークヤンキースで大活躍し、読売ジャイアンツに在籍していた日本のスーパースター松井秀喜選手に超える待遇です(ジャイアンツ時代推定6億1000万円)

 

 ジャイアンツは丸選手への期待の表れでしょう。松井秀喜氏は日米通算507本を記録するなど日本が誇るホームランバッターでした。松井秀喜選手の特徴といえば、ライトへの特大のホームランが印象的です。

 いわゆるプルヒッター、引っ張りがメインの松井秀喜氏に対し、丸選手は広角に打ち分け、ライトのみならず、逆方向へのホームランが約半分近くあるなど松井秀喜氏と異なるバッティングスタイルです。

 

 さらに注目すべきはフォアボールの多さです。2018年シーズンでは130四球を選ぶなど、偉大な名選手王貞治氏に次ぐ四死球数を記録し、しっかり塁に出塁し選球眼の良さを示し、 松井秀喜氏のような豪快なホームランは期待できませんが、違うスタイルでジャイアンツに貢献してくれることでしょう。

 またジャイアンツは坂本勇人、岡本選手といったリーグを代表する選手が所属している為、丸選手への負担は軽減されるでしょうし、カープでは鈴木誠也選手のような好打者が後ろに控えていましたので、カープ在籍時のような活躍が期待できる条件としていい要因になるはずです。

 

 日本プロ野球一の名門球団であり、数々のスター選手が在籍した読売ジャイアンツ。その注目では高く、プレッシャーも大きくなることでしょう。 その中で、丸選手が歴代のスター選手以上の活躍をする可能性は大いにあります。

 

 さらに丸選手自身が、心機一転、新たしい環境で一から勝負したいと語っており、より厳しい環境に身を置き、さらなる成長をしたいという表れでしょう。読売ジャイアンツはここ最近は優勝、日本一から遠ざかっており、勝つことが義務付けてある名門球団です。
  読売ジャイアンツはかつてFA宣言で日本ハム・ファイターズから移籍してきた当時の日本を代表する打者であった小笠原道大選手のような 活躍を期待しているでしょう(加入後のリーグ三連覇、日本一2回)。s

 

 丸選手も広島東洋カープをリーグ三連覇に大きく貢献しています。

 

 優勝請負人としての期待は大きなものでしょう。

 

今後の丸選手のさらなる飛躍に期待しましょう。

 

 丸佳浩選手はギャンブル好き??

 

2年連続MVPと大活躍の丸佳浩選手。契約内容は推定6年35億と破格の契約ですね。 この契約は丸選手は実力を示しての結果ですから、素晴らしいですよね。

 そんな日本を代表する打者へと成長した丸選手ですが、ギャンブル好きということが話題になっています。

  実際のところギャンブルではなく、丸選手は大の麻雀好きで、朝方まで麻雀に明け暮れるくれた日々があるみたいですね。

 しかし、丸選手は大好きな麻雀を断ち、ストイックに練習を積み、 現在のような素晴らしい選手へと駆け上がり、高額な年俸をもらうようになった丸選手の プロ野球選手としての自覚は素晴らしいものですね。

 丸選手のギャンブル好きという間違った情報が出回っているので我々も注意しましょうね

 

丸佳浩選手は顔でかい!?顔のデカさも松井秀喜以上!?

 

 巨人に移籍した丸選手ではありますが、顔がでかいことでも有名です。しかし、顔がでかいといえば、巨人、メジャーで活躍した松井秀喜氏も顔がでかいことで有名でした。

松井秀喜氏が現役時代、当時FAで巨人へ移籍してきた当時顔のデカさで球界一の言われた清原和博氏すらも松井秀喜氏の及ばなかったと言われています。

 

丸選手には大きなプレッシャーがかかるでしょうが、そのプレッシャーを跳ね除け、顔だけじゃなく、成績で球界のレジェンドの松井秀喜氏超えを期待したいですね。

 

丸佳浩選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ジャイアンツ移籍でマークは厳しくなり、やはり基準はMVPをとった成績です。プレッシャーが大きくのしかかる名門球団です。そのプレッシャーを乗り越えることができるでしょうか。

丸選手の活躍を楽しみにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です