高校野球

古賀こうせい(下関国際)を紹介!! ~出身中学・球速・球種~ 【ドラフト】

 

下関国際の左腕はドラフト候補!?

 

1年生から頭角を現し、2年生ながらチームの軸となった期待のサウスポー

 

古賀康誠(こうせい)

 

2021年春の甲子園選抜大会で全国デビューを果たし、

 

これから注目の高校球児の一人。

 

今後の活躍次第では将来のドラフト候補となるのかも注目。

 

今回は2022年のドラフト候補選手、下関国際の古賀康誠を紹介!

 

期待の左腕の出身や、球速や球種、投手としての特徴などをPIKCUPしていきましょう。

 

古賀康誠投手のWiki的プロフィール

名前 古賀康誠(こが こうせい)

出身地 福岡県

身長 179cm

体重 85kg

ポジション 投手

古賀こうせい(下関国際)を紹介!! ~出身中学・球速・球種~ 【ドラフト】

 

古賀投手ってどんな選手??

 

投げる下関国際の古賀康誠投手。https://images.app.goo.gl/i6Vr2bgeM56QnYW46

 

下関国際の古賀康誠投手。

 

まだ2年ですが・・・・・

 

いい素材っすね。

 

これから爆ノビしちゃいますよ・・・、

 

しちゃってください!!笑

 

そんな山口県期待のサウスポーはどんな選手なのでしょうか。

 

ここで簡単なプロフィールを紹介してきましょう。

 

出身小学校は不明北九州市立高須中学下関国際

スポンサーリンク
 

 

古賀投手は小学時代は高須少年でプレーし、

 

出身中学は北九州市立高須中学校。

 

山口県出身ではなく、福岡県の北九州市なんですね〜。まあ隣でそんな驚きでもないですが笑

 

中学時代は硬式野球クラブ、ヤング北九州若松アンビシャスでプレー。

 

中学2年から主力として活躍。全国大会ベスト4。

 

そして下関国際入学後はすぐさま高校1年から頭角を現し、

 

秋には主戦級として活躍。

 

秋の中国大会では3試合に登板し、20回を19奪三振2失点と抜群の安定感を発揮。

 

防御率も1.15と好成績をマーク。

 

2021年甲子園選抜大会出場に導き、2年生ながら、

 

堅守の要として、チームの大黒柱へ成長。

 

これからが伸び代十分の楽しみな存在だ。

 

2020年の秋の県大会、中国大会通算で47イニングを投げて、防御率1.15をマークするなど、若干1年生とは思えない落ち着いた安定感ピッチングを披露。

 

まだ2年生かよ・・・・・・、

 

大人なピッチングをみせてくれるじゃないですか・・・

 

この選手・・・・強心臓の持ち主のようだ・・・・

 

2021年出場予定の甲子園選抜だけはなく、

 

これから楽しみな高校球児、

 

将来のドラフト候補選手と言えるだろう。

 

 

スポンサーリンク

古賀康誠の特徴  〜球速や球種・フォームなど~

 

総合力で勝負するタイプか

 

 

投球練習をする下関国際の古賀康誠投手。https://images.app.goo.gl/wTdw5LFq38eFMmUo6

 

ストレート、MAX138キロ

 

変化球の球種

カーブ、

スライダー、

と球種は少なめ。(縦の変化球は未確認だが、持っているかも)

 

古賀投手の投球フォームはセットポジション。

 

ゆったりとした力感のないゆったりとした投球フォームから、

 

ストレート、変化球、安定感のある制球力と、テンポ、

 

投手としての総合力で勝負するタイプの投手。

 

変化球は多く無いが、スライダーのコントロールはなかなか。

 

カウント球としても、勝負球としても使用しているようだが、ボールを扱うことには自信があるのだろう。

 

またマウンドでの落ち着きもあるように見え、顔つきもいい。

 

スピードはずば抜けて速いわけではないが、案外体格も肉付きも良く、

 

身体能力は高いタイプではなく、躍動感やしなやかさは無いが、馬力はある。

 

ちょいむちガッチリしていることもあり、投げるボールに重さがあり、ノビというより球威があるタイプかな。

 

投球フォームはゆったりでシンプルであるが、若干手投げ感、末端気味投げ方。

 

個人的には右手の使い方がうまくなったらいいなと・・・・

 

特にクイックの時にその傾向が出ているが、この辺はもっと良くなるだろうし、なってほしい。これはあくまで個人的な意見ですが・・・・

スポンサーリンク
 

 

でもやはりまだ2年生ということは忘れてはならない。

 

いや、2年生にして最速138キロは十分でしょ・・・・、

 

まだまだ球速は伸びてくるのは間違い無いだろう。

 

そして高校3年生になる頃には球速も150キロに迫れば・・・・

 

さらに注目度は爆上がり・・・・・

 

ましては左投げ・・・・・・・

 

下関の地から・・・・・・逸材発見です!!

 

現在でも投球の安定感があるが、

 

現在より球種なども増えてくれば、

 

さらにバリエーションが増え、引き出しの多い投手へと変貌を遂げることに期待。

 

古賀投手自身も2020年の秋、県大会、中国大会前に縦の変化球を覚えたことにより、投球の幅が増えたと語っているだけに、

 

残り2年間でまだ球種も増えていくだろうし、

 

目指すは総合力持った投手か。

 

総合力、完成度も非常に高い投手になる可能性も高いだろう。

 

身体能力はずば抜けているタイプでは無いが、

 

高校生サウスポーとしてはこれから注目し続けてもいい。

 

期待感のある投手だろう。

 

まだまだ伸びしろは十分期待できる。

 

いや、伸びてほしい。

 

 

スポンサーリンク

2022年ドラフト候補か?? 指名はあるだろうか。

 

 

下関国際の古賀投手。

 

2020年、1年生からチームの主力として、存在感を発揮し、

 

1年生ながら138キロをマークし、これから楽しみな存在であるが、

 

将来的なドラフト指名の可能性はあるのだろうか。

 

やはりサウスポーというのは魅力大。

 

高校1年生の時点で140キロに迫る球速を投げる十分評価でき、

 

残り2年間での成長曲線は期待できる。

 

まだまだもちろん完成度は低いが、プロのスカウトも今後の成長を期待し、

 

見守っているということが現状だろう。

 

もちろんスカウト陣も存在は把握しているはずし、

 

現時点でのドラフト指名の可能性は断言できないが、可能性は十分あるだろう。

 

ドラフト関係なく、どんな選手になるのか残りの2年楽しみに見届けることも

 

高校野球の楽しみの一つ。

 

2022年にはドラフトを沸かせるようなくらいなスケール感のある存在になってほしいですが・・・・・・、

 

その成長を見守っていきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です