野球

モタ(巨人)ってどんな選手!? 成績・守備・支配下についてPICKUP!!

 

育成から支配下登録なるか

 

イスラエル・モタ

 

2020年はブレイクし、成績を残すかも。

 

若きドミニカンは日本の地で輝きを放つか。

 

才能を開花させ、巨人軍史上最高の外国人助っ人として輝きを。

 

今回は2020年ブレイクが期待される、読売巨人のモタ選手の経歴や成績をPICKUP!!

 

イスラエル・モタ選手のWiki的プロフィール

名前 イスラエル・モタ(israel mota)

出身地 ドミニカ共和国

生年月日 1996年1月3日(24歳)

身長 188cm

体重 98kg

ポジション 外野手

巨人のモタってどんな選手!? 成績・守備・支配下についてPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/6iK5RgXUzkcq9keT9

 

日本の地で輝きを放つか

 

イスラエル・モタ

 

読売ジャイアンツに所属し、育成選手として支配下を目指すドミニカン

 

まだまだ未完成の素材であるが2020年は、

 

ジャイアンツで才能を開花の予感漂う面白い存在だ。

 

今回は2020年育成から支配下等力を目指す、巨人のイスラエル・モタ選手の経歴や、

 

これまでの成績、そして打撃や守備などもPICKUPしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

イスラエル・モタ(巨人)の経歴・二軍成績

 

モタってどんな選手なの??

 

https://images.app.goo.gl/9sTqMvbjvMctaVG66

 

イスラエル・モタ選手は現在、読売巨人軍所属の支配下登録の外国人選手。

 

出身地はドミニカ共和国。

 

ドミニカ共和国のペテル高校卒業後、2013年から2017年まで、MLBメジャーリーグのワシントンナショナルズのマイナーでプレー。

 

マイナー通算成績は

試合188 打率.257 本塁打13本 打点80

 

2017年、地元ドミニカで行われた現在所属の読売巨人軍のトライアウト受けるも不合格。

 

208年は野球浪人を経験。

 

しかしモタ選手は再び、日本球界を目指す為、母国でトレーニングを積み、翌年2018年のトライアウトを受けて、持ち前のパワーをアピールし、合格。

 

2019年の1月に読売ジャイアンツと育成契約を締結し、主に2軍でプレー。

 

2019年の2軍成績は、

22試合に出場し、打率.313 本塁打1本 打点6をマーク。

 

2020年は読売ジャイアンツで支配下登録を目指し、

 

春季キャンプで猛アピール中の奮闘中。

 

成績・実績はまだまだで、注目度は低いものの、

 

今年は日本の地で大化けの予感が漂う若きドミニカンだ。

 

 

 

スポンサーリンク

イスラエル・モタ選手の特徴 打撃・守備

 

パワーはゴジラ級!?

 

https://images.app.goo.gl/VJ5mg9kWEMgoR5DG6

 

巨人のモタ選手は選手としての能力にも注目だ。

 

ストロングポイントはパワフルでダイナミックさ。

 

圧倒的なエンジンを身につけたパワー型の選手。

 

打撃自体は荒削りさが目立つが、また荒削りさがモタ選手の魅力。

 

なんといってもパワーが魅力。

 

現時点では打撃の確実性は高くなく、課題は変化球への対応だが、

 

豪快で力強いスイングからのとらえた打球は凄まじい。

 

2019年は打撃練習でジャイアンツ球場でスコアボード直撃弾を打ち込むなど、やはり日本人にはないパワーには眼を見張るものがある。

 

名門巨人の中でもスコアボードに当てた選手は現2軍監督の阿部慎之助氏や岡本和真選手など、限られた選手のみ。

 

長い巨人軍の歴史の中でも、モタ選手のパワーは素晴らしいということだ。

 

打率は期待できないかも知れないが、スイングスピードとパワーには魅力するもがある。

 

さて、打撃は魅力的だが、守備はどうなのだろうか。

 

守備範囲は普通という評価で、肩もそこそこ。

 

守備の際のキャッチングはまだまだ荒削りさがあるが、守備面でのこれからしっかり鍛え上げれば、計算できる存在になるはず。

 

選手としての総合力は高くはないが・・・・・

 

やはりパワーとアジリティーが売りの選手であろう

 

https://images.app.goo.gl/cVSVTAecYyn9Wkiz9

 

モタ選手のパワーは松井秀喜級のパワーの持ち主という評価を受けているだけに、

 

持ち味のパワーを発揮できる打撃の確実生が向上すれば、ある程度の成績は期待できるかも。

 

日本の野球に慣れれば(変化球への対応)、ハマる可能性は大。

 

そんなパワーが魅力のモタ選手であるが、2017年の巨人軍のトライアウトの際はまだ線が細く、当時のスカウトも印象に残らなかったほど選手だったようだ。

 

その時は不合格であったが、日本行きを目指し、パワーアップを目指し、トレーニングでフィジカル強化を実施。

 

現在の持ち味のパワーは日本で成功するための鍛錬の積み重ねのようだ。

 

さらに日本行きを本気で目指すにあたって、日本の文化も触れるなど、日本で成功することに真剣な姿を素晴らしい志を持っている選手である。

 

魅力的な選手なだけに、是非とも日本で才能を開花させてほしいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

モタ選手は支配下登録は間近!?

 

2020年はブレイクの予感 

 

https://images.app.goo.gl/nGruEGYLadweP5SS8

 

2020年は名門で花開くか。

 

モタ選手は現在、育成選手として奮闘中であるが、

 

ポテンシャルにあふれた才能は魅力十分。

 

2020年の春季キャンプでは持ち味の力強い打撃を披露。結果で示し、成績を残し猛アピール中だ。

 

昨年2軍監督に就任した阿部慎之助氏からセンター方向中心の打撃の教えをもらい、大振りせず、コンパクトなスイングを心掛け、打撃の確実生を上げている。

 

今期のキャンプでは一軍スタートを検討されていたモタ選手だが、阿部2軍監督が直接指導したいとの要望で二軍スタート。

 

モタ選手には阿部監督が春季キャンプでも徹底指導中だ。

 

キャンプ中も付きっ切りで教えるなど、阿部監督もモタ選手の才能を高く評価しているということ。日本の地で才能を開花させてほしいという愛の溢れる指導を受けている。

 

キャンプでの紅白戦で猛打賞をマークするなど、成績もついてきているだけに、

 

早期の支配下選手の現実味が帯びてきている。

 

キャンプ、そしてオープン戦でしっかり成績を残すことができれば、

 

開幕一軍もあり得る話。

 

ジャイアンツは激しい外国人争いがある中、一軍でレギュラー獲得も十分。

 

日本野球に慣れれば、シーズン通してもある程度の成績を期待できる。

 

日本で輝きを放ってほしいところだ。

 

日本の地で開花の予感・・・・・

 

その瞬間は近いかも知れない。

 

 

スポンサーリンク

イスラエル・モタ選手に関するまとめ

 

いかかがでしたでしょうか。

 

読売ジャイアンツのモタ選手。

 

2020年はブレイクの予感。

 

これまでアメリカも含めて、成績は残していないが、

 

日本の地で才能を開花させる可能性は十分ある。

 

ジャパニーズ・ドリームを掴み取り、

 

読売ジャイアンツの主力として長きに渡り活躍してほしい。

 

日本の地で現役を終えるような巨人の代表する外国人選手へ。

 

巨人史上最高の助っ人外国人と呼ばれるような存在になってほしいですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です