堂安律 ビッククラブへ!? マンチェスターシティ移籍か!?それともユベントス!?




俺の時代がくる

彼の顔からは自信満ち溢れ、その明確な野望と未来図が伝わっている。

今年はFiFAワールドカップロシア大会後、新体制となった日本代表には現在新しい若きスターたちが躍動。

期待の星として、森保ジャパンのエース候補の一人。オランダリーグ、フローニンゲンに所属するMF堂安律選手。

そのプレーで日本をさらなるステージへ引き上げてくれる新生代のエース候補でしょう彼でしょう。

来月から開催されるアジアカップでもエースとして期待される堂安選手をピックアップ。

彼自身、どのような未来を描いているのでしょうか。

現在、所属するフローニンゲンでエースとして君臨。その活躍でヨーロッパのビッククラブが注目する堂安律選手をピックアップしていきましょう。

堂安律選手のwiki的プロフィール

名前   堂安 律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地  兵庫県尼崎市

生年月日  1998年6月16日(20歳)

身長        172cm

体重        70kg

ポジション MF(ミッドフィルダー)

堂安律選手の経歴

堂安律選手は現在オランダリーグ・FCフローニンゲンに所属し、日本代表として活躍するプロサッカー選手です。

そんな堂安選手は、3際からサッカーをはじめ、中学生進学と同時にガンバ大阪ジュニアユースに入団し、史上初の世代三冠を達成。

やはり堂安選手はユース時代からその才能は突出していたみたいですね。

ガンバ大阪はユースから日本代表選手をたくさん輩出しています。稲本潤一、家長昭博、そして宇佐美貴史、井手口洋介などがいますが

堂安選手は高校二年生となった2015年には早くもトップチームに帯同し、宇佐美貴史が持っていたいクラブ最年少リーグ戦出場を果たすなど、翌年2016年飛び級でトップチームへ昇格するなど、やはり堂安選手は逸材でした。

堂安選手の才能は、ガンバ大阪下部組織史上最高傑作と称されていますね

さらに翌年2017年には現在所属のオランダ一部、FCフローニンゲンに移籍します。

一年目ながらその才能を魅せつけ、シーズン9得点を挙げるなど、一気に注目選手へ。

その活躍でヨーロッパのビッククラブが注目しています。

堂安律選手のプレースタイル

堂安選手は特徴といえば、ドリブルで仕掛け、ゴール前へ切り込み、ミドルレンジからシュートを得意としていますね。

彼自身バルセロナに所属するアルゼンチン代表のメッシ選手に憧れているそうですが、プレー的には現在所属しているフローニンゲン出身の元オランダ代表のロッペン選手のようですよね。

その重戦車のような突破力、フィジカル的にも成長しており、現在、乗りに乗っている次世代のスターであり、日本屈指のドリブラー、自らゴールを決めることができるアタッカーですね。

彼の武器は突破力。やはりドリブルでしょう!

2017年韓国で開催されたU-20W杯でのイタリア戦のドリブルで4人抜いてのゴールは圧巻。

このゴールで一躍世界から注目を集め日本のメッシと称されました。

また別の愛称としてそのドリブルから、マラドーアン という愛称もあるみたいですね。

これはダサいですねw

俺が試合を決めてやるよ。うまい奴がいようが関係ねぇ、俺が決めて蹴散らしてやるよ

とその自信、そして闘争心に満ち溢れ、物怖じしない性格が最大の魅力。

日本にはあまり見られなかったタイプですね。彼自身まだまだ課題が多いと語っており、

しっかり自分の立ち位置を見ているのでしょう。さらなる成長は間違いないでしょう。

そのプレーで自身を高め、さらなる価値を与えていける選手です。どんなすごい選手になるのか楽しみで仕方ないですよね。このまま順調に成長してビッククラブに羽ばたき活躍

俺は、日本代表史上最高の選手になる!!

と堂安選手自身語っており、日本最高の選手になれるのは時間の問題でしょうか。

日本メッシと言われるのではなく、堂安律 としてその存在を世界に示してほしいですね。

楽しみですね。

堂安律選手はオランダからビッククラブへ移籍!?

現在プレーしているオランダリーグは世界から集まった原石たちがさらなる成長を目指し、しのぎを削り、ビッククラブを目指す若手の登竜門として有名ですよね。

W後代表引退した日本のエースだった本田圭佑選手や元日本代表で天才と言われた小野伸二選手もオランダでスタート。彼らもオランダで活躍し飛躍していきましたよね。

堂安選手でも、厳しい環境へ身を置くことで日々の激しい鍛錬を繰り返しガンバ大阪から移籍した一年目、10代ながらフローニンゲンで主力としてチームを鼓舞するまでに一気に成長。その成績は若手時代に所属し、その後ビッククラブへ羽ばたいていったオランダ代表のロッペン選手の記録に並ぶなど、その活躍はヨーロッパのビッククラブに注目されるのは存在へ。

堂安選手自身、成功して必ずビッククラブへ行く!!と明確なビジョンを描いており、その堂々と自分の目標を語れる性格はやはり彼の最大の魅力ですよね。

プレーだけではなく、世界で活躍できるマインドを備えています。

そんな彼には現在の活躍で、ユベントスやマンチェスターシティなど各国のビッククラブが獲得に乗り出しており、最も熱心なのはマンチェスターシティと言われています。

今夏の移籍市場でも獲得を目指したとされ、マンチェスターCの監督グラウディオラが熱望しているとされています。1月に開かれる移籍市場で再び獲得に動くと報道も出ています。

イタリア名門ユベントスも獲得に熱を入れていると報じられていました。もしユベントスに移籍すればあのポルトガル代表で世界最高の選手、クリスティアーノ・ロナウド選手と同僚になり、日本のサッカーファンとしてはたまらない状況になっちゃいますね。

その一方で現在プレーしているオランダリーグのビッククラブ、アヤックスへ移籍の可能性もあるようですね。様々な選択がある中、堂安選手はどのクラブを選ぶか注目が集まっており、1月から開催されるアジアカップではエースとして期待されていますから、その活躍次第ではさらなるビッククラブからのオファーも舞い込んでくることでしょう。

彼の動向に注目していきましょう。

堂安選手に関するまとめ

堂安選手はまだ20歳。

間違いなく4年後のワールドカップカタール大会のエース候補。

一月からのアジアカップにも順当に選出され、活躍は間違いないでしょう。

日本代表の主役となり、さらなるステージに導いてくれる堂安選手の活躍と動向に期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする